不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

ブラウザのこととか

Category:- Date:2018.12.07 Friday

いよいよグーグルの天下になってきたようで、ついにマイクロソフトがクロームに取り込まれるかというような状況になっています。

Microsoft、 Edgeを捨ててChrome技術ベースの新ブラウザ開発か

https://news.mynavi.jp/article/20181206-736732/

かつては一世を風靡したIEもWindows10ではEDGEとなりましたが、いまやグーグルChromeの天下です。

windowsは素晴らしいソフトだと思いますが、クラウド時代には新興勢力に抗し切れませんでした。残念。

 

しかしながら、仕事柄、不動産会社さんを訪問しますとけっこうEDGE使ってるんですね。

ってか、そもそもブラウザが何なのかわかってない方がすくなくない。なのでパソコン買ったまま初期でセットされてるEDGEをそのまま使ってるケースが多いです。

 

不動産屋さんはネット好きな方多いですし、いまや集客がネット中心ですから皆さんネットに注目なんでしょうけど、基本的に理解しきれていないので、EDGEとかそのまま使ってるケースが少なくないです。

 

最近はグーグルで評判やコメントが付きますので、それが実業に及ぼす影響が大きくなってきていますが、それを話してもいまいちピンと来ない方がいて、それはなぜかというと普段マイクロソフトのEDGEを使ってるから「グーグル」を使ってないんですね。検索にはBingを使ってるから、グーグルのレビューなんか出てこない。だからこのブログでたびたび言及しているグーグルレビューなんかの話もピンと来てないわけです。

 

つまり、世の中のユーザーの感覚と少しずれているわけです。

 

これはちょっと怖いですね。

 

クローム使ってないけど、ホームページのアクセス解析でアナリティクス使ってる方なんかは自社アクセスを取り除けていないので、自分が物件入力や入力確認したときのアクセスなんかも大量に含んでしまっていて、本当のアクセスが図りきれていない場合があります。ホームページ会社はそういうこと教えてくれません。だって自分のアクセス取り除かれたらそうアクセス全体が減ってしまいますもん。

なので、アナリティクス使っている方は、ちょっと気を付けたほうがいいですよ。

 

先日も不動産会社さん訪問した折、無駄なソフトやらサーバーやら印刷機やら買わされてたり、そのわりには上記のような基本的なことがなされてなかったりしてかわいそうになってきます。知らないって怖いです。

 

人を派遣してIT周りのプチコンサルしてあげようかと考えています。

消費税値上げ後は不景気来そうですからね。対策しておかねば。

 

今年も残りわずか、がんばっていきましょう。

  
| - | 01:53 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

地方、とくにその末端の急激なる衰退を目の当たりにして

Category:- Date:2018.12.05 Wednesday

叔父が亡くなったので、我が父祖の地まで通夜葬儀に帰省しておりました。

 

高知県室戸市は交通の便が悪く、空路・陸路でも一度高知市まで行って、そこから室戸市へ移動となります。四国は昔から鉄道が発達しておらず、室戸市へも直通の鉄道はなく、途中まで鉄道それからバス、あるいは(高コストな)バスで2時間程度揺られなくてはなりません。結構不便です。

その不便さゆえか、やはり過疎地であり、人口は市の要件たる5万を大きく切り、現在は1万数千人しかおりません。

 

僕が子供の頃、20〜30年ほど前までは、それでも人がおり、祭りがあり、親族も周りにいましたが、いまやそれもありません。

祭りはなくなり、親族も高知県の唯一の都会たる高知市や県外に移住しており、地元には残された老人ばかり。その老人たちが死に絶えたら親族の縁もきれそうな感じがしました。

 

先祖代々継がれてきた土地も荒れ果て、無価値になっています。

地方再生やなんやら行政含め頑張っていますが、もはや「外の人」である私から見ると、死にゆく地方都市にしか思えませんでした。

 

最近では「空き家問題」が取りだたされるようになりましたが、空き家もんだいどころか、地域全体が廃墟化しつつありました。

家って人が済まなくなると急激に劣化するでしょう?あれと同じく、町自体も劣化していくんです。

たとえば、おばあちゃんち付近の道が半分になってました。どういうことかというと、通る人・メンテする人がいなくなったため、道路が半分草木に覆われてしまってたんですよ。

空き家問題どころか、住む人のほうが圧倒的に少ない状況では町自体が自然に還ろうとする圧力に抗しきれず、廃墟になってしまうんです。

 

地方の末端(県庁所在地から遠いところ)は、どこも似たり寄ったりの状況じゃないのかな。

 

今回は、関西から淡路島〜徳島を通って高知県室戸市に行きましたが、道中でも、過疎地域や昔商売していたであろう個人商店の残骸をたくさん見ました。スーパーに押され、大規模ショッピングモールによってとどめを刺された商店の残骸が。働くところがなくなった町は死にます。たかだか20年ほど前まではまだ息吹があった田舎も、いまや死にゆく町となってきている感しかない。

最後のよりどころは観光地として人を呼び込む、代表的な一次産品の生産地となるしかありませんが、そもそもが土地のない四国の端ではそれもむつかしく、高知だけではなく四国全体で末端が死にかけている感じがしました。

 

そんな、すごい悲しい現実がありました。

 

ネットの時代、パソコンがあれば仕事がある時代、ネットで物が売れる時代、観光客も全世界から呼び込むことができる時代、何か方策はあるんじゃないかと思えてなりません。

外から見ると、観光資源も魅力的なモノ・コトもたくさんあるのに、地元にいると当たり前すぎて気付かない点もたくさんあると思えてなりません。

 

室戸市だってねぇ、空海さんが悟りを開いた聖地だったり、ジオパークだったり海洋深層水だったり、ネタは豊富なのになんかうまく活用できてない様子。死んだ叔父も地域の世話役としていろいろ働きかけてはいたみたいですが、なかなか実現できずこの世を去りました。

 

地方の現実、特に末端なんてどこも同じようなもんだと思いますが、日本の地方の末端がしに行く運命ならば、人間に例えると手足から壊死している状態なので、何とかせねば日本国全体に影響がいってしまうのではないでしょうか。

地方を元気に、日本全体を元気に、各地元でいいものはたくさんあるのだし、昔と違って移動もしやすい世の中なのだし、何とかできないものかと思わずにいられません。

 

そんな感じ。

 

乱文失礼いたしました。

 

  
| - | 02:57 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

集客アップを狙うなら成約率アップも狙わないと、なハナシ。

Category:- Date:2018.11.27 Tuesday

ご相談事のほとんどは「集客」に関してです。

 

他業界ならば集客は売り上げに直結しやすいし、やり方次第ってところもあるんだけど、不動産業界の場合は集客は売り上げに直結しないので、集客増と同時に成約率の向上も考えないと、最終目的である「売上アップ」にはつながらないんですけど、昔からみんな「集客欲しいジャンキー」です。

 

いくら集客したって、小汚いお店には客は来ませんし、横柄な態度や買わせようオーラが出ている営業マンからは買いません。

 

なので、ホームページ変えて集客反響アップの前に、お店キレイにしましょうや、営業対応なんとかしましょうや、って言いますがそれをまじめに受け入れてくれる人や会社はごく限られています。

集客さえ増えればなんとかなる、儲かる、と盲目的に思っている人が多すぎ。

消費者がネットで比較検討し、検索にもお店のレビューが付くような今の時代、昔のようにはいかないから。

 

集客はあるのに潰れてしまった会社なんて実はいくらもあります。むかしからイケイケ会社は集客命なので、それこそかなりお金を広告に突っ込んで集客します。それでも倒産しちゃうんです。

なんでかっていうと、いくら客を集めてもキメれないから。そして強引な営業しちゃうとリピートも紹介もないから、常に集客という狩りを続けなくてはいけない。そのうち走ることができなくなった肉食動物は疲れ果て力尽きちゃうんです。賃貸だけどこんなかいしゃとか?社員も経営者も疲れ果て、人の心を失い、目先のカネ目指して疲れ果ててしにます。

 

講演とかコンサルとかでよく言うんですけど、集客が半分でも成約率が高ければ結果は同じなんです。

(1) 集客100人 × 成約率10% = 10人成約

(2) 集客50人 × 成約率20% = 10人成約

この場合、(1)のほうは相手する人数が多い分疲れますし、顧客満足も低いでしょう。

むしろ(2)の集客が少なくじっくり顧客と向き合うほうが顧客満足も高く紹介リピートも増えることが考えられます。なによりお客さんが喜んでくれると仕事をしていて気持ちがいいと思います。

 

なので、集客を追いかけるのもいいけど、同じだけ成約率を上げること考えないとだめですよ、と。

お店キレイにしましょうよ、テント・看板・壁面にぶら下げた図面・花壇・机や椅子・客に出す飲み物や茶菓子、そしてお客さんに渡す資料など。営業対応全般の見直しも必須化と思います。

 

とくに、このブログでも散々申し上げている通り、グーグルレビューでお店が評価書かれてしまう現代ですからね。

不動産業者さんに訪問すると、みんなパソコン勝ったままの状態でIE使って検索はbing使ってるんでグーグルレビューでないからいまいちピンと来てないみたいだけど、一般的にはグーグルの天下なネットの現状です。ネット好きな不動産屋さん多いですけど、基本的なズレみたいなものを感じますんで、誰か派遣するかんじの基本的なネット集客のためのライトなコンサルやろうかなっておもったりもします。みんな知らないうちにウェブ屋とかに搾取されてるからね。いい加減な業者も多いけど、きちんと仕事してて、ちゃんとやればもっと良くなる会社たくさんあるからね。

 

ま、売買の方は弊社ローン講座くんを使って成約率アップのための営業強化を狙ってください。どうぞよろしくお願いいたします。

 

集客の相談がいくつかありましたので、そんなことを思いました。

今年も早くも残り一か月、来年の木たるべき消費税増税不景気に備えて、いまから頑張っていきましょう。

  
| - | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

 先の記事へ  | 1/807PAGES | 前の記事へ >>

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る