不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

近所のドラッグストア攻防戦

Category:- Date:2017.01.16 Monday

一こ前の近所の松屋の記事が好評だったのでもう一つ近所の話。

 

こんどはドラッグストア戦争です。

 

うちの近所にドラッグストア「サンドラッグ」があります。

首都圏沿線、駅から20分〜のとくに何もない住宅地。

ライバルがいないので長らく我が世の春をのほほーんと謳歌していました。

 

しかしながら、ここ数年前、同業のライバル「クリエイト」この地へ侵攻を開始しました。

しかもその進出がけっこう巧妙。下図のように「サンドラッグ」を挟むように2拠点での進出です!

 

ドラッグストア経営戦略

 

ドラッグストア「クリエイト」が進出するまでは「サンドラッグ」は大きな商圏を持ち、地域を独占してきました。

ところが、こたびのサンドラッグの侵攻によって大打撃を受けます。

「殿っ!!一大事でござる!!」

 

地図の左側(西)には駅がありますが、駅から道路(サンドラッグ前)までの商圏をごっそり奪いました。

エリア戦略上、道路や川や線路などは商圏を分断する大きな障壁となります。

上記図を見ると、左側(西)にあるクリエイトの商圏は黄色の道路まで。

そして、右側(東)はまるで堀のように川に囲まれたエリアがすっぽりクリエイトの商圏に。

2拠点進出の妙味はここにありました。

 

サンドラッグはこれにて領土(商圏)をごっそり削られてしまいました。

ライバルを攻め立てるのが目的としたら、出店戦略のお手本のような感じですね。

歴史好きとしてはワクワクしてしまいます。

 

実際、領地を削られたサンドラッグは衰退をはじめ以前に比べさびしい感じが漂ってきました。

起死回生せんとサンドラッグもいくつか手は打ってきたものの、劣勢いかんともしがたく、なかなか形成を逆転できません。

 

サンドラッグ大ピンチ!!

 

しかし!

 

そんななかサンドラッグはこれまた経営戦略のお手本のような手で起死回生を果たします。さて、いったいどのような手でしょうか。

 

それは「ミート戦略」でした。

 

ミート戦略とは「ようするにライバルの真似」をする作戦です。

ライバルの真似をして、ライバルの強みを強みじゃなくするという作戦。

新参者たる弱者は、既存者たる強者にたいして「差別化」を強みとします。

これに対抗する強者は、その差別化ポイントを真似して、差別化を差別化じゃなくして相手の強みを打ち消します。

これがミート戦略です。

 

実は、サンドラッグが旧来の普通のドラッグストアだったのに対して、クリエイトは生鮮食品を置く形で「差別化」としていたのです。

そこでサンドラッグは、長い迷いの末、生鮮食品を置くことを決めミート戦略を実施しました。

スペースを一新し、冷蔵・冷凍コーナーを設け、生鮮食品を充実させました。

 

そしてこれが当たりました。

 

奪われた商圏を取り戻せませんが、すくなくとも「生鮮食品があるからクリエイト」という相手の強みを打ち消すことは可能です。

そもそもサンドラッグは業界2位。対するクリエイトは業界3位以下。売り上げ規模は倍近く格差があってサンドラッグは圧倒的強者なのです。まして、当地ではサンドラッグはながく営業していますので地域浸透度は高いです。個店としてだけでも存在自体が強い。

また、上図をみてわかるとおり、住宅地の中に出店したクリエイトに対して、サンドラッグは大きめの道路に面し「地の利」もありました。

 

このミート戦略実行により、駐車場に止まる車の数、見た目の顧客数が明らかに変わりました。

店舗売り上げの詳細までは部外者の僕にはわかりませんが、車を停められないことがたびたびあるし、たぶん、クリエイト進出前よりよくなってるんじゃないかな?

ライバルを駆逐まではできませんが、大逆転には違いありません。

 

すぐにミート戦略に対応すればよかったのでしょうが、相手の強みの把握に時間がかかったのと、強みがわかっても、すぐ隣にコープやセブンイレブンがある手前、生鮮食品など置いても両隣のストアには勝てない(近隣競合)という分析もあったように思います。

実際、僕から見ても、生鮮食品を半端においても、隣のコープのほうが安くていっぱいあるじゃん、とか、セブンのほうがおいしくて便利じゃん、って思ってました。

 

でも、女性はドラッグストアのほうが大好きらしいのです。コンビニとドラッグストアがならんでたらドラッグストアが選ばれるらしい。まぁ化粧品も育児消耗品もなんでもワンストップで揃うしね。

 

とりあえず、このケースのサンドラッグは生鮮食品おいて正解。

ライバルの強みを消しただけでなく、当事者も気づかなかった消費者のニーズも取り込めてピンチ一転、起死回生を果たしました。

まさに災い転じて福となすという感じでしょうか。

 

 

今の時代、なにをしていても、ライバルは出現します。

しかも仁義なき戦いじゃないですけど「狙われるもんより狙うもんの方が強いんじゃ」な感じです。

そりゃ攻めてくるライバルは、攻められる側にはわからないうちに研究して準備して攻めてきますので強いに決まってるよ。

商業戦はいつだって奇襲ですから、しかも相手の手がわかるまで時間がかかるうえに、その真意は見抜けないこともしばしばなので大変です。でも、手をこまねいていては滅ぼされる。

このケースのサンドラッグのように大手だとよいのですけど、個人商店なら相手の手などに気づくまでにイチコロです。

もう、そういった意味での競争はしょうがない、ならば攻められたときにどう素早く手を打つか、そもそも攻められる前に攻めていくためにどうするか、で頑張らないといけないですね。

 

 

何かいてるのかわからなくなってきたので、このへんで。

経営戦略はやっぱりランチェスター戦略が役に立ちますよ。

 

 

  
| - | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

うちの近所の松屋でみたオンリーワンってすごいなってこと。

Category:- Date:2017.01.11 Wednesday

うちの近所に牛丼の松屋があります。出来て何年か経ちます。

この松屋ができる前、そこはセブンイレブンでかわいそうに破綻して掲示がたってました。

それが業態が変わっていまはけっこう繁盛している様子です。

 

なぜなんでしょうか。

 

セブンイレブン閉店後、そこはしばらく借り手もつかず放置されていました。

駅からも遠く幹線道路沿いでもない。2車線道路の矢印信号なしの丁字路脇にあり、右折車両のせいで前面プチ渋滞も起きます。

お店に駐車場は数台分あるものの車が入れずらい感じ。

場所だけ見たらはっきり言って立地は悪いです。

 

僕ら近隣住民も「何の商売でも厳しいかな」と思っていましたし、場所を知る不動産業者もそう言ってたところへ松屋の出店。

すぐに撤退するのかなと思いきや、それなりに繁盛している様子でもう何年か経過。

 

潰れたコンビニ跡地で別業態で繁盛、逆転の理由はなぜなのか。

 

簡単なことなのですが、周りに「気軽に食べれるところ」がないからだと思われます。

 

周囲は住宅街で家は結構建っています。しかしながら食事するところがない。

個人でやってる小さな店が数件だけありますが古くて正直なんか入りずらい。

そこへ入りやすくて値段もリーズナブルできれいな松屋登場。

松屋って、独身の若い人や、仕事をしている人のランチ、みたいなイメージがあるじゃないですか。

でも、このお店では子供連れの数人家族や老夫婦なども結構多いんです。(見たところ家族連れは丼ものじゃなく定食が多いので収益率もよいと思われる)

 

単純に物件だけみたら土地だけ見たら「立地が悪い」ところですが、周辺環境も含めて見て、出店業態考えて見ると、立地の悪い物件が「立地が良い物件」に変貌しているではありませんか。

 

さっき、駐車場があっても車が停めずらい立地と書きましたけれども、いまでは結構車が停まっています。

セブンイレブンのころは「ここは車が停めづらいから」で敬遠されていたのかもしれません。コンビニはほかにもあるから。

でも今ではけっこう車停まってます。ごはん食べるトコは近くにないから、ちょっとくらい入れづらくてもみんながんばって車停めてるんです。

 

何が言いたいかといいますと、「ほかにない」がいかに重要か、ということ。ナンバーワンではなくオンリーワン。

松屋なんてどこにでもあるチェーン店なんだけど、その地域周辺数百メートルには皆無だからオンリーワン。

オンリーワンなので「お腹がすいて外で食べたい客」独り占め。

 

すごいですよね。

この松屋、FC店舗なのかきれいにレストアされたピカピカのスバル360が停まっててオーナーさん儲かっている様子です。

 

ほかにない、ほかとはちがった、ってのはほんと大事ですね。

 

上記は立地の話だけど、立地だけではなくて、「ほかにないオンリーワン」はいろんな場面であると思います。そしてそれは作り出すことが可能かとも思います。いまやっている仕事の中から。

ウチで不動産会社さんのホームページを作らせてもらった中で、そういう視点でやったのってうまくいくもん。ほかにないから。他と同じじゃないからお客さんに選んでもらえる。どこも同じだったら大手に行くにきまってるから。

「ほかのお店」じゃなくて「うちのお店」に来てもらえる理由づくり、それがどんな商売にも大切なことだと思います。

 

ま、なかなかむつかしいですけどね。

 

新年あけて11日経ちました。がんばっていきましょう。

  
| - | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

「いい(投資用)物件がある、鳥海さん買わないか?」みたいなの。

Category:- Date:2017.01.10 Tuesday

年明け最初の連休を過ぎまして、そろそろ気分も正月気分から平常運転への切り替え完了な感じでしょうか。

 

さて、昨年末あたりから昨日にかけて、「おいしい話」を持ってくる人が数人いました。

「いい(投資用)物件がある、鳥海さん買わないか?」みたいなの。

さして親しくもない顔を知ってる程度の人から。


そんな「おいしいならなぜあなたが買わないのですか?」とセオリー通り返すと、「融資枠がいっぱいだ」とか「手数料だけもらえれば十分」とかなんとかかんとかの定番問答。

素人だから飛びつくと思って、くどくど話をしてくるんですが、僕は不動産屋じゃないとはいえいちおう業界に十数年関わってますからね、ま、ナメてんのか、って話ですよね。

 

僕の気持なんかはどうだっていいのですが、この光景は既視感があります。

リーマン前にも同じようなことがあったなぁ、って。

 

すでに不動産(売買)相場が天井付近なのは報道等々で明らかですし、賃貸の空室率だって空前絶後な感じ賃貸業者さん大変そうです。アパート建設関連がメチャクチャな状況なので、昨年に引き続き今年も国交省がなんか動くでしょう。

 

そんな中でのあやしい投資話の連続になんかきな臭さを感じます。リーマンショック前にも同じような「売り急ぎ」ってか「ババ抜き」はありましたし、遠くはバブル崩壊時にもあったんじゃないかなって思います。

 

そんな中でこんな記事も。

>>民泊禁止も一因か!? バブル終焉の湾岸タワマンから中国人が消えた!

 

そろそろマンションの短期譲渡所得の期限が一斉に終わる時期が来るから相場が崩れるってのは昨年もいろいろ言われてましたし。

いろんな事象が積み重なって、連鎖していく怖さも感じますね。

 

金利が安いし、ローンも通りやすい状況なので、居住用の民需は引き続き堅調だとは思うのですが、今年はどうなるんでしょ。

 

とりあえず、さして親しくもないとはいえ、知ってる人からカモとみなされてターゲットにされたらショックだなぁ。

みなさんお気を付けください。商売は短期的視点ではなく長期な視点でのライフタイムバリューだと思いますよ。

 

 

 

  
| - | 01:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

 先の記事へ  | 1/782PAGES | 前の記事へ >>

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る