不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

いまどきコンサル独立する人に思うこと。

Category:- Date:2020.01.15 Wednesday

Facebookで面白い投稿がありましたので、一言。

 

かいつまんでいえば、大企業の50代サラリーマンが業務改善コンサルで独立したい、そのためにまずは本を書きたい、共著してもらえないか(虎の威を借りたい)、という話。をランチェスター本で知られる栢野さんに投げたもの。

 

 

僕のとこにもたまにコンサルで起業したい、みたいな相談があるんですけど、ほぼ厳しい返答しかしないのでその後の応答はないです。目黒の駅前の喫茶店でケンカになりそうになったこともあったなぁ。

サラリーマンをやっていると、会社の看板の重さが分からないと思います。

中小零細企業だと「うちの会社なんか大したことない」とかいう人もいますが、”会社が存続している”ということだけでも大したものなのです。だって起業後ほとんどが3年もたないんだから。

逆に大企業だと会社の看板の大きさを自分の大きさと勘違いしてしまい、上記の相談人のように、中小零細に”教えてやる”みたいなおごった考えに陥りがちです。とくに自社下請けなんかに出向くと「すごいですねぇ〜」みたいなヨイショしかされないんで、自分はすごい優秀だと勘違いしがちです。

 

いろんなマーケ本やらなんやらを読んでますと、独立したらチョロいみたいに思われるかもしれませんが、やっぱり現実はそんな甘くなく、とくにコンサルやらの現金商売の場合、たいていが失敗します。本を出して〜みたいな人もいますが、本を出してもうまくいかなかった人なんてたくさんいます。

 

コンサルで独立とか本気で思っている方は、サラリーマンの(定期収入がある)うちに、あらかじめ「顧客」を見つけてから独立することをお勧めします。ご自身の能力がどれだけすごかろうと、それをわかってもらいお金をチャリンと落としてくれるところがないと成り立ちません。自分がどれだけすごくてもそれだけで顧客が寄ってくるなんてほぼありません。世の中よいものが売れるとは限らないのです。

 

能力よりも品質よりも、まずは「営業」が大事になってきますが、その「営業」がうまくいかないのが世の常。一匹狼のコンサルなど特にそうです。口八丁手八丁が商売のコンサルは世間からすれば詐欺師と紙一重です。なので、独立する前に、クライアントを数社もっておいて独立することを強くお勧めします。独立したら仕事を出すみたいな言葉を信じてはいけません。たいてい反故にされるし、約束を実行してくれても単価の安い一発仕事で終わることがほとんど。「企業人としての自分」と、「独立し無名の自分」とは全く別人になるのです。

 

10年ほど前のセミナーバブルのころはコンサル名乗る人もたくさんいましたけど、たいてい消えていきました。

 

独立は悪いことだとは思わないけどね。独立したいと思っている人はいずれ独立するんだし、だったらば早い(若い)ほうが良いと思われるし、頑張ってもらいたい。だけれども、やっぱり世の中甘くはないので、マーケ本見て世の中楽ショーみたいなのはやめたほうがいいかな。儲かっている人も、すなおにきれいに儲かっているわけじゃなかったりして、その裏側のほんとのところはよくわかんないしね。

真面目にコツコツやるひとよりも、詐欺的な方法でドカッと営業するほうが儲かるし(永続的ではないし、後々どうなるかは知らんけども)。

 

ま、ほっといても時間は流れ人生は過ぎていきます。

上を向いて、しっかり準備して頑張っていきましょう。

 

 

  
| - | 11:46 | comments(0) | - |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

2020年 年頭のご挨拶

Category:- Date:2020.01.01 Wednesday

明けましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

昨年は15回しかブログを更新していないにもかかわらず、例年通り、いろいろな方々からブログを見たとお声がけいただきました。

ご相談いただいた方々やクライアントの方々にはブログは大事、ブログは営業の武器などと言いながら、自分はちっとも更新してないし、ホームページだって更新してない、全然ダメダメです。。。猛省しております。

2020年はちゃんと定期的に更新していこうと思います。

 

思えば、昨年、一昨年と、子供場生まれてから、ロクに成果を誇れる仕事をしておりません。母子ともに生死を覚悟しなくてはいけない場面から、なんとか未熟児で生まれ、数か月の入院を経て、普通の子と同じく保育園に入れるまでになったものの、しょっちゅう熱を出し、大晦日・元旦深夜のいまも高熱にうなされています。死ぬこと以外かすり傷、生きてるだけで丸儲け、が身上の僕ではありますが、子供のことは別だよねぇやっぱり。だって、死神が表れて、お前の命か子供の命か選べって言われたら、迷うことなく俺が逝くもん。親ってそういうことだなぁって、晩婚の今さらになって実感しております。

 

そんなこんなで今日もイクメンしておりますが、来年から、ちがった、今年からは馬力かけて頑張りたいと思います。

昨年作ったシステムもようやくダッシュできそうですし、現有システムもがんばって売っていこうと思います。

オリンピックもあるし、世の中不景気になりそうではありますが、上がったものは下がるし下がったものは上がる必然ですから、なにがどうでも世の中は自分次第かと思います。

 

好むと好まざるとは別に、僕にかかわってくれる人々みんなに幸あらんことを願いながら。

 

本年もどうぞよろしうお願いいたします。

 

 

2020年1月1日 京都伏見より愛をこめて(♥)

 

 

  
| - | 00:33 | comments(0) | - |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

古いパソコンを早くする方法、をシェア

Category:インターネットとか Date:2019.12.07 Saturday

僕は古いパソコンを使っています。

パソコンでゲームとかしないので、何年も前のパソコンでも特段不自由を感じませんでした。

 

ただ、Windows10にしてからパソコンの立ち上げ起動がすごく遅くなったのと、たまに重いと感じる時がでてきました。

 

そこで、2つの方法を試したら劇的にパソコンが早くなりましたので、その方法をシェアしたいと思います。

 

 

1.Windows10を32bit版から64bit版にする。

 

僕は最初、何も考えずに32bit版をインストールしてました。しかし、これが失敗。メモリが4Gしか使えないうえに、なんだか遅い。

 

なので、32bit版から64bit版に乗り換えました。

 

Windows10への移行・無料配布はすでに終わってますが、なぜだか2019.12現在も無料ダウンロードは継続されています。なので、マイクロソフトのサイトから新たにWindows10をダウンロードしてパソコンにインストールしなおします。

 

なお、Windows10の32bi版から64bit版へインストールしなおす際には、クリーンインストールになります。クリーンインストールとはまっさらの状態でインストールされることなので、インストール前のデータは全部消えてしまいます。なので、データはバックアップを取っておきましょう。

 

外付けハードディスクもいまなら120GBが3000円くらいで買えてしまう。

 

 

 

具体的な方法は、下記のサイトなどが分かりやすいですのでご参照ください。

>>Windows 10を32bit版から64bit版に変更する方法(OXY NOTES(オキシノート))

 

>>Windows10 を 32bit から 64bit に変更(Bird's Nest 情報館)

 

 

 

 

2.メモリをたくさん積む

 

かんたんです。メモリをたくさん積む(増量)のです。

パソコンを開けてメモリ刺すだけ。機械音痴でも大丈夫です。

 

いま、ぼくのパソコン20GB積んでます。

もともと4Gだったが、+8GB載せてそれで満足したのですが、スロット(メモリさすとこ)が一つあいてたので、もう+8GB積みました。最後の+8GBはあまり体感で変わった感はないです。

なので、メモリを12GBくらいにすれば十分早くなると思われます。

 

・現在のパソコンのスペックを調べて、メモリの種類を特定する。

 

メモリも進化しているので、古い形式と新しいものがあり、形式が違うとパソコンにつけることができません。

なので、お使いのパソコンのどこかに書いてある製品名&型番をググって、パソコンのスペック(仕様)を調べてください。

そこに対応メモリの種類がかかれています。DDR3とかDDR4とかって感じのやつです。

現状ではDDR4が主流ですが、古いパソコンならDDR3とかです。

 

パソコンの型番をググればすぐわかると思いますが、わからなければ下記の用法などお試しください。

>>パソコンを開けずにメモリスロットの空きと対応メモリの規格と種類を調べる方法(魂を揺さぶる!)

 

メモリの形式が分かったら、メモリを買ってさすだけです。誰でもできます。機械音痴でもできます。

>>Q. メモリの取り外し方・取り付け方(ex.computer)

 

大体のパソコンは4つスロット(刺す場所)があって、1つか2つ使ってて2つ空いてるパターンが多いかと思います。

メモリは同じものを2つ買って刺すと効果的です(デュアルチャネルとかいう仕組み)。

たとえば8GBのメモリ1枚よりも、4GBのメモリ2枚のほうが効果的ってわけ。メモリが2枚セットで売っていることが多いのはそういうこと。

2019.12現在、DDR3の4GBが2枚で3000円くらいから、DDR4の4GBの2枚は4000円くらいから。

 

Windows10なら4GB推奨となっていますが、実際のところメーカー初期でも8Gのことが多いので、8G以上積めばいいのではないでしょうか。 個人的には、4GB×4枚の16GBか、4GB×2枚+8GBの12GBがおすすめ。

 

 

 

 

・Windows10を64bit版にする。

・メモリをたくさん積む

 

 

上記の2つでパソコンは劇的に早くなります。

 

パソコン起動に関しては、windows10を64bitにしたのが一番でかいと思う。

パソコンの操作に関しては、メモリを20GBも積んだのがでかいと思う。

 

やる前は起動がすごい遅かったんで、SSDにしようかなぁ。とも思いましたが、そんな必要ないほどに快適です。

ちなみに、HDDをSSD化するだけなら、面倒なことなく入れ替えるだけで高速化できると思われます。

データは下記のような製品で、かんたんに入れ替えることが可能。HDDの内容を交換予定のSDDにまるごとコピーしてくれる。

 

 

 

 

 

※以下、さらに追加でやるならもっとよいこと。

 

基本ですが、ファイルはなるべく、デスクトップに置かず、マイドキュメントなどのフォルダに入れておく。

 

どうせメモリを積むためにパソコンを開けるなら、ハードディスクを増量して、よくつかうデータをそちらに移しておくのもよいです。

大体のパソコンは、HDDもしくはSSDが1つだけですが、それだとOS(Windows10)が壊れた時にデータもろとも命運を共にしてしまいます。そうならないために、OSはCドライブに、データはDドライブに、と分けておくと安全です。

 

HDDの取り付けはかんたん。つけるだけ。今ついているのを参考に、取り付けてケーブル刺すだけ。

HDDを取り付けたら使えるようにフォーマットという作業が必要。下記を参照。

>>Windows10 - 追加したハードディスクの初期化(フォーマット)(PC設定のカルマ)

 

増設したHDDにユーザーデータ(マイドキュメント・ピクチャ・ムービー・ミュージックなど)を移動させる。

>>Windowsのユーザーデータフォルダの保存場所をDドライブなどに移動する方法(パソコンに困ったらFind Out!)

 

 

以上、ご参考になれば。

  
| インターネットとか | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

 先の記事へ  | 1/814PAGES | 前の記事へ >>

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る