不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

不動産屋さんのクローズド勉強会、開催します。

Category:イベント Date:2012.04.26 Thursday
統計発表はいざ知らず、街の不動産屋さん周辺の市況は
やはり大きく変化してきているようなので、
5月8日に不動産業向け集客&成約勉強会を行うことにしました。
不動産売買仲介中心です。WEB&リアルの事例研究等々。

今回は講義なしです。(多少のレジュメは用意するかもしれない)

他社事例話題の会社事例などを見ながら
みんなでワイワイ意見交換・情報交換しましょう。

18:00から3時間くらい。場所は新宿か渋谷あたりで。
会議室代(¥3,000くらい)だけ頂きます。

終了が遅くなるので懇親会はなしの方向かもしれません。
基本的にみんなで話し合うまじめな勉強会です。
前回はたいへん盛り上がりました。

基本的にもろバッティングするエリアの
会社さんがいらっしゃる場合は先着となります。
(本音ベースで語り合いたいので)

少人数ですので大勢集まった場合も先着で7〜8社くらい。
現在5社参加なのであと2・3社の募集です。

100冊の本より1回の勉強会です。
ぜひお越しください。


ご参加希望の方は、下記までメールください。
(押してもリンクしません。メモしてメールしてくださいね。)

不動産仲介営業/経営セミナー御連絡先はこちらまで



  
| イベント | 13:20 | comments(0) | trackbacks(1) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

不動産業インターネット徹底活用研修を行います。

Category:イベント Date:2012.03.17 Saturday
繁忙期、みなさんいかがお過ごしですか。

今年はなんだか調子がおかしい、という話をよく聞きます。
売買はもう繁忙期なんかないよ、という話もよく聞きます。

時代が変わってきてますね。
時代の変わり目に、時代にキャッチアップしてもらうために、
以下のような研修を行うことにしました。


不動産インターネット徹底活用研修


大事なことを ”ギュッ” と詰め込んで、
ネットが苦手な人も、考えることが苦手な人も、
あるいは迷える社長さんも社員さんも、
1日で一気にケリをつける研修です。

毎回、ざっくばらんに話せる「研修会後の懇親会」が好評なので、
今回はそちらも研修の一環に取り込もうと、場所を「熱海」とし
泊りがけで行える研修としました。たのしく学んでいただけると思います。
役に立つ話、気持ちのいい温泉、美味い酒に料理に楽しい懇親、
満足しない人はいないと思われます。ぜひきて欲しい。

あなたのご参加お待ちしております、研修でお会いしましょう。


▼ くわしくはこちらから
http://www.it-rex.jp/20120417/





  
| イベント | 06:10 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

10月11日に「前向きな不動産会社のためのワークショップ」を開催

Category:イベント Date:2011.09.25 Sunday
台風一過、一気に秋めいてきました。早いもので今年ももう10月にさしかかっており、こないだまで夏だったのにもう年末の足音が聞こえてきます。
震災からの経済回復が聞こえてくる反面、そもそもの不況も解消されず、世界経済も予断を許さず、まったく冬に突入しそうです。

そういう寒い冬を乗り切るために、みんなで知恵を出し合う機会を設けます。
かえる不動産の田中社長の発案により、10月11日に「前向きな不動産会社のためのワークショップ」を開催します。

講師のありがたい話を聞くだけのセミナーはたくさんありますが、そうではなくて、参加者それぞれが近況や事例などを語り合う勉強会にしたいと思います。
飲み会などで近況を語り合って盛り上がる場面ってあるでしょう?あんな感じのお酒のないバージョンで。ワークショップ2〜3時間程度+懇親会を予定しています。

大人数いてもゴチャゴチャしていしまいますので、10社以下で開催を考えています。参加費はとくにありませんが会場費・懇親会ともにワリカンとさせていただきます。

お時間折り合う方はぜひご参加ください。不動産会社同士のリアルな会話、近隣営業エリアやなんかのつながりのライバル同士では話し合えないリアルがここにあります。

 時 間:2011年10月11日 · 18:00 - 21:00
 場 所:新宿駅近郊を予定
 参加費:とくになし(貸し会議室代をワリカン)
 参加申し込みフォーム: http://www.it-rex.jp/contact.html


お申し込みは上記でも承りますが、できればフェイスブックページに参加表明いただけるとうれしいです。

▼フェイスブックイベントページはこちら
http://www.facebook.com/event.php?eid=264417363591810




  
| イベント | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

ソーシャルメディアビジネス活用セミナー

Category:イベント Date:2011.08.19 Friday
昨日は、サードビジョンの何回目かのソーシャルメディア活用セミナー。
毎度のコトながら、リデアラボの山田さんに語っていただきました。

不動産業ソーシャルメディア営業活用


広告宣伝とソーシャルメディア活用は違います。
もちろん、ビジネス活動ですから大きな枠の中では
広報活動の一環ではあるものの、
一般の広告宣伝が明確に商品販売であるに対して、
昨今のソーシャルメディア活動はコミュニケーションであって
直接的な販売活動とは少し階層が異なります。

普通の広告宣伝が価格や機能の優位性を謳うのに対し、
ソーシャルメディア活動では、
興味のある人、購入前提の人、既存購入者、リピート購入者(ファン)
を巻き込んだコミュニケーションと情報の受発信がキモになります。
そこで交わされるやり取りの密度の高さが効果の高さに比例しますし
それは今後ドンドンと進んでいくことと思われます。
(単純SEOはこれから死んでいくでしょうね)

対応人数の多さなどから十把一絡にしか対応できない大企業はいざ知らず
我々現場に近く対応人数も限られる中小零細は、
大きな会社よりは濃密にコミュニケーションが取れますし、
経営者あるいは決定権者であるならば即断でいろいろできるわけです。
利用料は無料でできるんだし、チャンスはそこにあるんだから
これは中小企業は絶対やらなくては。


活用の具体論は、またセミナーやりますので
ぜひ聞きににきてくれたらと思いますが、
23日には神奈川の不動産業者さん向けにセミナーをやりますので
不動産会社産はこちらにお越しいただき、勉強していただければと思います。


===============

神奈川県宅建業者様向けセミナー

地域密着型不動産業の生き残り術  新時代のメディア
フェイスブック・Google+・地域密着型ポータル 「つながり」の成約倍増計画

http://www.it-rex.jp/pdf/20110823.pdf




  
| イベント | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

ソーシャルメディア活用セミナーやります。

Category:イベント Date:2011.05.24 Tuesday
ソーシャルメディア活用セミナーを2011年6月15日に開催します。
講師はいつもの山田さん。ためになります。ぜひ来てください。

http://3rdvision.jp/20110615/


いま、後輩の飲食店のサイトを山田さんと企画しています。
常連客を逃がさない、といったらなんかいやらしいですが
月に2・3回は必ず来てもらえるよう、なるべく思い出してもらう、
そのためにソーシャルメディア活用も含めた形で。

飲食業は、リピータ確保が命、至上命題です。
僕も大学時代は飲食で稼がせてもらいましたが、
やっぱり商売はお得意様あってこそを実感しました。

新規獲得に血眼になるのはどこの業界でも同じですが、
それも大事だけど既存客を大事にすることが
世帯所得が減り続ける現状、人口減少の現状では
今以上に大事なことです。

リピータをしっかり確保するためには、
ソーシャルメディアを活用しない手はありません。無料ですし、
努力次第でいかようにも売り上げ貢献させることが可能ですからね。
コミュニケーションは人間関係構築の基本で、商売の基本です。

ただし、失敗してヘンテコになっている会社も少なくなく
やっぱりそのへんのハンドリングは重要です。
好き勝手やらかして反感を買ってしまえば、
これは普通の人間関係と同じで「上げ100日、下げ1日」なわけです。
信頼は創るのに時間がかかるが、破綻させるは一瞬と。


そうならないためにも、ソーシャルメディア活用の本質を学び
ぜひ自社での有効活用に役立てていただければと思います。

http://3rdvision.jp/20110615/



  
| イベント | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

FDJ社、不動産集客セミナーに参加

Category:イベント Date:2010.09.16 Thursday
先日も当ブログで紹介させていただいた、
FDJ社のセミナーが先日開催されました。

大手・ポータル・街の不動産屋さん、
様々な方々が40名ほどがいらしたみたいで、
なかなかに盛況でした。

FDJ不動産集客セミナー


数年前からあらゆる業界で実践されてきたセミナー集客法によって
有料セミナーを生業とする業者はかなり痛手を負っています。
フリーミアム、チープ化の世の中ですから、旧来のような
「ノウハウを買う」という考え方自体が薄れてきています。

そんななかの有料セミナーですから、40名も集まったのはすごいです。


私もFDJセミナーでは何度かお話させていただき、
先日はご招待いただき参加いたしましたが、
懐かしい顔ぶれにもお会いでき、
仕事の都合上最後まで居ることは出来ませんでしたが、
なかなか楽しい時間でした。

また機会があればいきたいと思います。



  
| イベント | 01:54 | comments(2) | trackbacks(1) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

不動産インターネット戦略セミナー
 〜Google不動産/ソーシャルメディア活用術

Category:イベント Date:2010.09.03 Friday
不動産業の名物行事でした、FDJ社セミナーが久しぶりに開催されます。
FDJ社セミナーと言えば、インターネット黎明期よりトレンドを追い続け、
時流にあったゲストを招聘し、不動産業にノウハウ提供を続けてきました。

今回は、まだ世上でも暗中模索常態の続く
「ソーシャルメディア活用」を主タイトルに、
ソーシャルメディア活用に長けたゲストスピーカーの方々により
様々なノウハウ/トレンドが紹介される模様です。

9月14日から半日の有料セミナーとなります。
くわしくは、下記URLからご覧ください。

http://fudou3.jugem.cc/?eid=9117



  
| イベント | 14:42 | comments(2) | trackbacks(1) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

【人材教育/育成】に最適の自動個人診断レポート

Category:イベント Date:2010.08.16 Monday
人材採用などの場面で、常識力テストとともに、
アンケートのようなもので人材評価がなされる場面もあるかと思います。

ごく常識的な各種の設問に
「強くそう思う、ややそう思う、どちらでもない、ややそう思わない………」
などという答えに丸をつけていき、
この人はどういう人だという評価が下されるアレです。

普通は簡易的なものを用いて行うのですが、
最近ではだんだんと役に立たなくなってきました。
よい意味でも悪い意味でも個性的な人間が増えたためです。

中には常識の通じないというか、そういう観念すらない人間も居ます。
それが見た目やちょっと話したくらいではわからないから始末に悪い。

小さな会社は面接しかないというところも多く、
わずか数十分の会話で決めてしまうから
入れてしまってから後悔する社長が多い、というかほとんど。

ですから、人材はなるべく入社前に見極めておきたいものです。

そういうニーズにオススメなのが「パーソナルサーベイレポート」です。

これはDISC理論というモノを用いた人材診断で、
カンタンな設問でどういう傾向がその人にあるのか、
ソフトウェアが膨大なサンプルの中から計算し、
自動でレポートしてくれるというものです。

▽ レポートサンプルはこんな感じ
http://www.3rdvision.jp/disc/prs1.pdf
(僕自身のも下記に公開)

上記の個人のレポートを結合して、なんとチームでの診断も出来ます。
チーム全員の個人レポートを結合して、このチームはどうか?という
判定をソフトが自動でやってくれるなんてすごいね。
(もちろん、DISC理論に基づいたちゃんとした診断です。)

こういうのがあったらば、どういう人かわかるし、
自分自身でも大いに気付きや自己の再確認があることでしょう。
レポートが欲しい方は有償にてテスト&レポート発行できますが
そのレポート発行できるライセンスの取得講座が開始されます。

人材に関わるお仕事をされている方、社員が多い会社、
BtoB営業の方などにはぜひオススメです。
期日が迫っておりますので、ご興味のある方はぜひお早めにどうぞ。

http://www.3rdvision.jp/disc



============================
※ 全部とはいいませんが、結構当たってます。すごいね。
  己を知り敵を知らば100戦危うからず。
  苦手を克服するために、自省して頑張ります。


鳥海さんの基本的特性

概要

鳥海さんは社交上手で人が好き、そして親しみやすく、外向的で人と関わることを必要とします。発達した言語能力を備え(口がうますぎる人もいる)、自分の意見をしっかりもち、それを自由気ままに話すことを楽しみます。
非常に堅実かつ着実、そして用心深く、探求的で統括的なリーダータイプです。
周期的な要素の仕事を必要とし、また対立的な状況を避けるでしょう。
鳥海さんにとって人付き合いと会話、それ自体が目的であることが多いです。アイデアを売り込むことに優れ、そして自分自身も売り込みます。自分と関わっている人を好きになり、また好かれたいという欲求が強いです。
口論しがちですが、面と向かって攻撃されれば「話し合いましょう!」と提案しそうです。
非常に主体性が強く、そのため議論好きで積極的に発言するでしょう。
非常に直感的で、勘に従って行動し、そしてそれが功を奏すことも多いかもしれませんが、事前に少し考えれば簡単に避けられたかもしれない問題を起こすこともあります。

モチベーションが上がる要素

友好的で誠実な人間関係で、それと同時に自分を評価し、人に好かれ、好きな人たちがいる環境で、 鳥海さんのモチベーションは上がります。称賛や人前での喝采、そしてステータスを喜びそうです。グループやチームに属し、影響力をもちたいと考えているはずです。

潜在的な強み

たいてい 鳥海さんのような人は、魅力的かつ社交的な傾向があり、アイデアを上手に売り込み、人をやる気にさせることに長けています。組織的かつリラックスした環境で、優れた統括的なリーダーです。粘り強く一貫している人で、共感的かつ同情的、そして進んでアドバイスやサポートをします。

潜在的な弱み

時に、皮肉屋になることもあります。
多少オープンで優しくなりすぎがちで、軽率な態度をとることもあるでしょう。また非常に“頑固ないい人”になる傾向があります。これは表向き同意しても、後になって都合よく逃げようとするかもしれないということです。

学習スタイル

鳥海さんは簡単に組織的な方法や手順をよく学ぶことができます。概して、非常にゆっくりですが徹底的に学ぶ傾向があり、新聞や本などの文字媒体より人から直接学ぶ方がベストのようです。

質問内容とその方法

鳥海さんは「誰が関わり、私(あるいはチーム)にどう影響するか?」という質問をするでしょう。人間関係や決定の理由に関心があるからで、また「なぜ?」と尋ねてくるでしょう。

企画力と構成力

鳥海さんは細かいことやペーパーワークを避ける傾向がありますが、必要であれば対処できます。生まれながら計画が苦手な人で、よく勘に頼って仕事をするかもしれません。人が関係する場合には、成功するかもしれませんが、細かいことや規則を嫌うので、他の環境(生産的な結果を求めるところなど)では、期待どおりにいかないことが多いでしょう。

マネジメントテクニック

鳥海さんは状況に応じてうまく対処すことに長けた情熱的な人です。説得や意見をまとめることで人をやる気にさせることができます。アイデアを売り込むのが得意で、とても粘り強く、自分の目標を達成するまで着実にコツコツと努力することができます。また“目的は手段を正当化する”と考えるかもしれません。
人に指示するのが苦手で、難しい決定をすることや、規律を守らせることには不安を感じます。また目標を変え、それをチームに伝えることを忘れる傾向があります。 鳥海さんが効果的にマネジメントするには、優れた実務サポートが不可欠です。

意思決定スタイル

鳥海さんは結果に対して他の人がどう感じそうなのかを踏まえて意思決定します。自分の安全をある程度確保するために通常決定は早くありません。しかし、その決定で自立性を見ることができるでしょう。

管理者としての責任能力

時に 鳥海さんは管理者としての責任を進んで引き受けるでしょう。とてもゆっくり、そして失敗しながらかもしれませんが、優れたマネジャーになることはできます。本来は起業家タイプではないので、企業環境でもっとも成功する可能性が高いです。管理者としての責任を引き受けるのは、生来のステータスへの欲求によることが多く、必要な計画や詳細へ当然の配慮をすることなく引き受けることが多いです。

専門職の適性

鳥海さんは人と関われなければ、専門的な環境で働くことを好まないでしょう。その代わりに、細部に細心の注意を払うことや難解なことを分析する力を必要としない、実際的な能力を活かせる幅広い分野で働くことを好むでしょう。

セールスの適性

マーケティングや小売販売に自然と魅力を感じそうです。自分や製品、会社を売り込む天賦の才能と相まって、 鳥海さん個人の魅力や多様な人と関わりをもてる能力、粘り強さでセールスを可能にします。熱意と優れた社交性は、オープニングを約束しますが、説得力に頼りがちで、断りへの恐怖心があるのでクロージングには問題があります。

創造性

鳥海さんは人材に関することや、人を巻き込んだ問題の解決策で創造性を発揮するでしょう。またその結果に対して他の人がどう感じるか気にしそうです。

人との付き合い方

鳥海さんはとても積極的に人付き合いをします。とても共感的で雰囲気に敏感なので、ふつうは話を始めたり、人をリラックスさせたりするのが得意です。社交上手で魅力的、そして友好的な人ですが、行動はゆっくりです。時に新しい環境で自分が安心でき受け入れられていると確信がもてるまでは、控えめに見られるかもしれません。多少頑固で、自説を曲げないですが、忠実です。

権威への態度

鳥海さんのような人は権威に対してあいまいな態度をよく示すかもしれません。よく見られたいという欲求により権威の要求に応じるかもしれませんが、しばしば口先だけに終わります。 鳥海さんのような人は内面で権威を無視する傾向があり、おそらく見下すことさえあるでしょうが、そう見せないでしょう。自分の安全を確保しつつ、いつも完全に自立した態度をとろうとするでしょう。

時間基準

鳥海さんは期限をせかされることを嫌う人で、対面では「今」は今としますが、実際には自分の理由や安心の必要性に基づいた時間基準を意味しています。
モチベーションが下がる要素鳥海さんは1人での仕事、変化の速い、あるいは非常に細かいことに集中する環境で働くことを強いられると、すぐにモチベーションが下がるでしょう。あからさまな攻撃や批判を人前で受けるも同様です。

コンサルタントとしての資質

鳥海さんのコンサルタントとしての可能性は、身についたアサーティブ(自己主張力)に大きく左右されるでしょう。必要なスキルと知識があれば、全体像を把握する力と説得力はこの仕事に有利になるでしょう。
しかし、生来の拒絶への恐怖心から受け入れがたい、あるいは不評な結果やアドバイスを提示するのは難しいかもしれません。専門家チームの一員として働くほうが自分のスタイルに合っていると感じ、チームも 鳥海さんの創造性が有益になると感じるでしょう。1人で働くことを嫌い、また比較的ある程度の決まりきった仕事には満足しますが、細かいことは嫌います。チームの一員として働くことは、これらを克服する助けとなるでしょう。“頑固ないい人”になる傾向があります。これは自分が本当に処理できる以上のことを引き受け、そして重要な期限に遅れることを引き起こすかもしれないということです。おそらく、自分を売り込むのは難しくないでしょうが、重要な交渉をまとめには問題があるかもしれません。
よってコンサルタントとして成功するためには、効果的なセールストレーニング同様、アサーティブ(自己主張力)とEQレベルが必要不可欠なようです。

チームリーダーとしての資質

ここでいう「チームリーダー」とは、異なる考えをもつ人々をまとめ、真の相乗効果をもたらす能力をもっている人です。これは「個人やグループを管理する」能力ではありません。
鳥海さんは生まれながら共感性が高く、調和を生み出す力があるので、有能なチームリーダーになる資質があります。情熱と親しみやすく、必要とされる欲求は、チームのリーダーシップに適しています。しかし、功利主義的になる傾向があるために、統括的なリーダーになる天性の才能があるにもかかわらず、成功できないかもしれません。また効果的にチームをコントロールし、相乗的なチームの潜在力を引き出すために必要なアサーティブ(自己主張力)に欠けているかもしれません。これも拒絶への恐怖心がある程度関係しているでしょう


チームメンバーとしての資質

「チームメンバー」とは、同じ目的や目標をチームで共有し、必要であればチームのために自分の欲求を抑え自己犠牲できる人のことです。
鳥海さんは生来の高い共感性と調和を生み出す能力によって、有能なチームメンバーになる資質があります。熱意や忠誠心、また必要とされたいという欲求は、チームの強力な要素になるはずです。しかし、“頑固ないい人”になる傾向があるため、自分自身やチームの問題を引き起こすかもしれません。アサーティブ(自己主張力)トレーニングは拒絶に対する恐怖心の克服と、適切な時に“ノー”といえるようになるために役立つでしょう。

鳥海さんを活かすマネジメント方法

誠実に評価され、気に入られ、そして理解されていると感じれば、もっとも能率的によく働くでしょう。あなたのアイデアについて一緒に話し合い、あなたの決定に関わらせることをお勧めします。自分があなたのとった決定にいくらか影響していると感じられるからです。
決定した理由を説明すれば、 鳥海さんから信頼され、そして最終的に忠誠心を得る助けとなるでしょう。
鳥海さんのトレーニングと関心事があなたの必要性に合っていなければ、極めて詳細なことや非常に正確性が求められる仕事を与えないでください。
強い独立心の特性が面倒なことになる場合もあるので、明確に境界線と制限を確認する必要があるでしょう。もしそれを犯せば、例外なく厳しいペナルティが与えられるということを、しっかりと理解させましょう。先に述べたように、“頑固ないい人”になる傾向があるので、マネジメントするのは難しいかもしれません。親切で人当たりが良い性格なので、実際にできる以上の仕事を引き受ける可能性があることを認識しておいてください。問題が発生したらいつでも話を聞き、必要であれば作業量を変更できると伝えましょう。
鳥海さんは誠実な評価を必要とするので、賢明かつ適切な公の称賛は、ステータスと安心感を得る機会と同じようにやる気にさせるでしょう。マネジャーは、関わりをもつことに労を惜しまず、そして「なぜですか?」という質問に答えてあげれば、忠誠心を得ることができます。しかし、独裁的に接すればそれを失うでしょう。
鳥海さんと業務や時間の基準を合わせ、それらを定期的に見直すことをお勧めします。忍耐強さが必要です。また指示を突然変更するのは避けるべきです。できれば継続的に仕事を与えてください。そうすれば順序よく課題をこなしていきます。居心地がよく、安心できる楽しい雰囲気を作りましょう。

意思決定の潜在的問題

鳥海さんの基本的な行動では、対立を避け、コントロールされまいとします。この矛盾により決定を延ばすか、ためらうかもしれません。

職場環境の変化に対する予想される反応

ここでは、現在の就業環境で成功するため、あるいは生き残るために本人が必要と“考えていること”が示されます。実際に仕事で取る行動ではありませんが、 鳥海さんの職場環境、文化、マネジメントスタイルを知るうえでとても参考になります。また、これは本人に起因するものではなく、あくまでも環境によって引き起こされます。矛盾しているような記述が出てくる場合もありますので、その際はアナリストがさらに詳しい説明をさせていただきます。

鳥海さんは成功するため、生き残るために、こうするべきと考えているかもしれません。

注意:ここに何も記述がなければ、全く行動を変える必要はないと考えているので、おそらく今の環境が自分に合っているのでしょう。

プレッシャー下で予想される行動

鳥海さんは過度のプレッシャーを受けると、普段と異なった行動を取りそうです。以下に示す1つ、複数、あるいはすべての組み合わせの反応が見られるでしょう。

注意:ここに何も記述がなければ、プレッシャー下でも行動は変わらないでしょう。

・あまり要求に応じようとせず、より上手に対立に対処しようとするでしょう。
・著しく根気をなくし、また同時にいくつかの業務や目標に取り組もうとするかもしれません。
・ルールや慣習を強制するだけの強い権威と認識しているために、ルールや制約の範囲で活動する顕著な傾向が見られるでしょう。

プレッシャー下で予想される一貫性のない行動

鳥海さんは極めてカリスマ的および言葉が攻撃的になり、次いで見るからに不機嫌で、無口になる、一貫性のない行動を時折見せるかもしれません。これはプレッシャーの対処法で、しばしば突発的に平常心を失い一時的にこのような行動をとります。過度のプレッシャーによって自然に起こり、自分ではコントロールできません。長くは続かず数分から数時間程度で収まり、本人は後悔することが多いでしょう。

ストレス測定

現在 鳥海さんは、仕事で少しストレスを感じているようです。このストレスレベルであれば自分で十分対処でき、おそらく仕事のパフォーマンスを高めます。

  
| イベント | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

スマートフォン・ビジネス活用セミナー

Category:イベント Date:2010.05.02 Sunday
昨日はスマートフォン・ビジネス活用セミナー。

iPadを中心に、クラウドを利用したビジネス事例など
非常に有意義なセミナーでした。


スマートフォンセミナー


参加者の約半数がスマートフォンを活用されている方だったので
いろいろご理解もいただいたかと思われます。

スマートフォン+クラウドは知らず知らずのうちに
生活やビジネス環境に溶け込んでいます。
それらを再認識して、ビジネスに活用していただければ、
もっと活動の幅も広がり業務も効率化し、
ひいては業績向上に繋がります。

今回は、全業種対応でしたが、不動産業全般について
活用事例セミナーも行いたいと考えています。


ちなみに、iPad の活用事例などの参考資料として
以下のものがありますのでご参考にしていただければと思います。

===================

前橋国際大学では、iPod touchを学生全員に配布(iPadも順次配布予定)
http://www.kyoai.ac.jp/?p=1880


ペンシルベニア州グリーンズバーグのシートン・ヒル大学では、
秋に入学する新入生全員にアイパッドとアップルのノート型パソコ
 「MacBook(マックブック)」を無償提供すると約束している。
また、オレゴン州ニューバーグのジョージ・フォックス大学では、
アイパッドかマックブックのどちらか好きな方を各生徒に提供する予定。
http://donorbank.blog120.fc2.com/blog-entry-187.html


ノルウェー首相、「iPad」で政務
アイスランド火山噴火による航空網の混乱で
http://japan.cnet.com/clip/global/story/


福岡県の博多学園は4月26日、博多高等学校の学生と教職員向けに、
5月末からアップルの「iPad」を100台導入すると発表した。
http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/


米国では医療業界が興味津々
http://journal.mycom.co.jp/news/

▼▼▼

日本国内でも、医療の世界でも活用セミナーを開催された
http://lmdp.medithink.co.jp/lmdp/seminar/


iPhoneの医療活動導入事例(京都:音羽病院)
http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/

=================


セミナーもよかったですが、後の懇親会も非常に楽しく、
時間を忘れ、終電乗れずに結局朝まで、、、。

みなさん元気で何よりです。
僕は焼酎飲みすぎ頭が痛いです。



  
| イベント | 01:45 | comments(0) | trackbacks(1) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

WEBマーケティング勉強会/セミナー

Category:イベント Date:2010.02.14 Sunday
今、、、というか昨年からネットで話題の
「FREE」という本を知ってますか?


フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略


本書は、いまやウェブマーケティングの定番ともいえます
あの「ロングテール」を提唱したクリス・アンダーソンが
世に放つウェブマーケティングの新しい概念です。

といっても、難しい専門用語だらけの学術書籍ではなく、
実ビジネスに基づいた、現代の実践マーケティング術ともいえる
手法/考え方になっています。
(元が洋書の翻訳本ですから、やっぱり読みにくいですけど)


その本に書かれているフリーミアム戦略にいての
勉強会を来る2月25日に、銀座において開催されます。
私が理事をしております(社)サードビジョン主催の
マーケティング&セリング研究会において行う勉強会です。

あくまで勉強会ですので、営利目的のセミナーとはちょっと違います。
今回は不動産業特化というわけではなく、すでに
あらゆる業種の方からご参加表明いただいております。

このウェブの新トレンドについて外部講師を招き、
みんなで情報を共有しあいながら勉強会を進めてまいります。

インターネットはちょっと、、、そっち方面に疎い、、、
ネットはやらなくてはとおもうが、、、
という方でも大丈夫です。わかりやすく、ためになるよう
しっかりと勉強できる実践型の勉強会です。

ご興味ご関心のある方は、ぜひご参加ください。


日 時: 2010年2月25日 18:00−20:00
場 所: 銀座ウォールビル5F
参加費: ¥2,100

「新しいマーケティングトレンド『フリーミアム』を学ぶ」(仮称)

講師:株式会社リデアラボ 山田氏(http://ridea.jp/
   サードビジョン理事 鳥海(http://toriumi.jugem.jp


ご参加希望者は、以下のフォームに
「2月マーケティング研究会参加希望」と書いて、
送信(ご参加表明)してください。

http://www.3rdvision.jp/mail.html


  
| イベント | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

 先の記事へ  | 1/2PAGES | 前の記事へ >>

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る