不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 最強の個人流通機関となりえるか? | main | 景況感調査に御協力をお願いします。 >>

不動産営業(集客・追客)の追い風に

Category:不動産ソフト/ローン講座くん Date:2009.04.08 Wednesday
民間金融機関の住宅ローン損失100%保証…政府・与党方針
YahooNewsより引用  

政府・与党は7日、追加景気対策として、民間金融機関の住宅ローンに100%の公的保証をつける制度を導入する方針を固めた。  貸し倒れによる損失が、貸し手の金融機関に及ばない仕組みをつくり、融資しやすくする。景気悪化で将来の収入が不透明になる中、住宅購入者にとっては、これまでよりローンが借りやすくなる。  現在は、貸し倒れ発生時には、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が「住宅融資保険」で、ローン残高の90%を穴埋めする制度があるが、100%に高める。保険を利用しているのは、自前の保証会社を持たない地方銀行や信用金庫などが中心で、長期の返済期間中の損失リスクがなくなる。  肩代わりする機構の財務基盤を強化するため、政府が追加出資を行う。財政措置を2009年度補正予算案に盛り込む方向だ。  雇用環境が悪化する中で、住宅を取得する意欲がありながら、金融機関に融資を断られる事例も増えているという。

先般ローン減税が確定しましたが、追加補正で銀行サイドにも施策をするようですね。
やっぱり景気の回復は不動産から。個人マネー最大の買い物だし、
付随する購買も多いし。

そう考えると、ますます先般の建築基準法の改悪やらの
政策不況が恨まれますね。

まぁ、春先は首都圏の売買系の皆さんは
業績良いところも多かったようですので、
この機会に夏枯れすることなくがんばって欲しいです。

先の集客対策レポートにもちょこっと書きましたけど、
住宅ローンを怖がるエンドユーザーは多いです。
よくある住宅の購入不安アンケートなんかでもいつも上位ですよね。
 
業務として毎日やってる業者さんにとっては当たり前になってるし、
わざわざお客さんが「怖い」なんて面と向かって言ってくれないから
不動産屋さんにはイマイチ伝わりませんが、
普通に考えてやっぱり数千万の借金は怖いですよ。

家賃と同じですよ、むしろ低金利で今が一番いいということを、
口八丁手八丁ではなくて、これを機会に営業の武器たる営業ツール
を使って集客を成約に変えていただければなと思います。

▼ コ レ
  
| 不動産ソフト/ローン講座くん | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/1851

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る