不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 驕らず、侮らず、怠けず | main | 時代に対応する指南書 >>

集客依存症からの脱却と、本気の真心の大事さ

Category:不動産業 集客と成約 Date:2009.06.15 Monday
おかげさまで、最近レポートダウンロードや
無料デモアカウントなどのお問い合わせなど増えてきており、
また、少しずつですがローン講座くんのお申込みも増えてきてて
大変ありがたい限りです。

我々は企業当初から集客より成約がだいじですよーって
言い続けたんですけど、先のプチバブルもあり、
なかなか理解されなかったんですよね。
でもここに来てやっとこわかってくれる方が増え始めました。

もう集客一辺倒では成り立たない時代です。

先般サイトを作らせてもらったとある会社では
春先集客が数倍になったそうですが、
少人数の会社ゆえ、顧客一人ひとりに対応しきれず、
結局売上は例年並み、単に「忙しかっただけ」となったようでした。
「やっと成約が大事ってのがわかったよ…」と。

このように、たくさん集客があったとて、
もう昔のように見せりゃ決まるって時代でもないのですから、
結局、売上立たず「くたびれもうけ」になるだけです。

たくさん集客するよりも、来たお客さんを丁寧に接客し、
全部決めるくらいのキモチで接するほうが
最終的な結果が良いのです。


某ポータルの社長いわく、不動産売買では
年々顧客の家探しの期間は長くなっていて、
今は1年程度はあたりまえだとか。
昔と違っていまはネットで探すが当たり前ですから、
くるくる回っているうちに物件なんてどこも同じ、
ようは会社やヒトだとお客さんは気づくわけですから、
モノだけで釣る営業がいかに時代遅れなのかわかるところでしょう。

かつての成功事例にとらわれて、
物件一辺倒、集客一辺倒だともうやっていけないでしょう?
モノに客をつけるか、会社に客をつけるか、
そこが勝負の分かれ目だと思います。

細かなテクニック、便利なシステムは多々あれど、
結局のところ大事なのは顧客に対して何を提供できるか、
そういう本質を磨くことが大事ではないでしょうか。


日本人は生まれながらにテレパシー持っていて相手のココロを読みます。
読めないヒトはKYなんていわれて無能扱いされるでしょ?

お客さんもズバッと読みますよ。

不動産屋に行かなきゃ情報が無い時代じゃないんだし、
営業マンの話を鵜呑みにしてくれる時代じゃないんだし、
本業の知識・技能・スキルに加えて
本気の真心というモノがなければ結構大変な世の中だと思いますよ。

きれいごとではなくて、いかに世の中にビジネスを持って貢献できるか、
そういう志がないと、単にモノと情報を動かすだけでは成り立たない時代です。

そのためには、社員一人一人のスキルや心構えに依存するほか
会社としていかに環境を作ってあげるかも大事だと思うんです。
昨年あたりから、あちこちで「三方よし」大事ですよって言ってますが、
ぜひ参考になればと思います。


不動産業経営



  
| 不動産業 集客と成約 | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/1894

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る