不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 不動産セカンドサイト製作 〜SEOより大事なもの | main | テレビや新聞、雑誌の苦境 >>

長野県宅地建物取引業協会中信支部様にて

Category:日記 Date:2010.01.22 Friday
長野県宅地建物取引業協会中信支部様にて講演させて頂きました。
70名くらいの方々にご参加いただきました。

「不動産業のネット対応と今後の不動産ビジネスについて」
というお題で、質疑応答含め1時間30ほど。
みなさんに大変熱心に聴いていただき感謝しております。

長野県宅建協会


場所は長野県の松本市でした。

長野県(全体)もいまや空室率は40%ほど、
県の第二都市である松本も製造業の衰退(労働者の減少)や、
交通網の発展による企業の支社撤退、などによって、
松本市の不動産も全国と同じく大変な様子だとか。

ただ、検索して不動産サイトを見る限りでは、まだまだ
「勝てる要素」はたくさん残っているように感じます。
今回の僕のつたない話の中で、一つでも二つでも
自社に取り入れてもらい、成果につなげていただければ
と願ってやみません。

また、個々の企業が勝ち残るのはもちろんのことながら、
みんなで協力して地域全体の魅力を高めることも必要な時代です。

地元を独立国のように考えて、
外からの需要と外からのお金を呼び込む、
すなわち、外需と外貨を獲得せねばならない時代です。
昔のように東京に集まったお金を公共事業でポンプのように
送り返してくれる時代は終わりました。
国も企業も厳しい時代ですから、
いまや地方は吸い取られっぱなしの時代です。
その点では、ぜひ一致団結してがんばってもらいたいと思います。


======================

さて、せっかくの松本。



松本市 不動産


松本城。現存最古の木造城だとか。
戦国時代、関が原前に建てられたもの。すごいね。
営業で築古の物件で渋ってるお客さんがいたら、使えそうですね。
松本城なんて400年も建ってるんですよ!
だからこの家もたぶん大丈夫っすよ!って。

歴史の中で代々と統治者が変わっているので、
その点が観光名所としては惜しいところ。

当日は雨で大変でしたが、それでも外国人も多く、
やっぱり外人は嬉々として喜んでいました。
熊本城みたいに、御殿を復活させれば、
もっといい観光名所になるのでは?




賃貸 松本市

JRから見えた北アルプスの山々。

惜しい。写真にすると雄大さが全く伝わらない。
実物は、お!っと思わせるのに。
たぶん映像で見てもそうなんだと思いますが、
やっぱり現地で見るのが一番です。

長野は大学時代はスノボよく行きましたが、
今ではなかなかいけません。
自分でビジネスやってるし、怪我したら大変だもんなぁ。


住宅 松本市

通行中にみつけた、「お!」っていう看板。
東本願寺真宗会館さんのものだとか。

失敗なんてたいしたことないよね。

人生つぎ込んだ一世一代の莫大な勝負なんて、
ほとんどの人がしないわけで、
僕ら下々の人間の挑戦なんて取り返しのつくものばかりだし、
同じ阿呆なら踊らにゃ損々、じゃないけど、
やっぱり人生やった者勝ちなところはある。
人生という時間が限られている以上、
挑戦しない損失というのは実は非常に大きなものですし。

それに、失敗ってのははずれくじみたいなもので、
何枚か集めればアタリにもなるわけです。

先の見えない時代です。何をやっていいのかわからない時代です。
ただ、がんばった先にしかないものってのはいつの時代もあるわけで、
ただ待っているだけではいいことなんて一つもありません。

ま、失敗を恐れず、がんばっていきましょう。


  
| 日記 | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2030

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る