不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 思わずジャケ買いした秀逸なる営業本 | main | 道すがらのオープンハウス(現地販売)で思ったこと。 >>

電気屋さんの安売りをしない経営術

Category:読書 Date:2011.11.23 Wednesday
町田の本屋で、ジャケ買い。

でんかのヤマグチさんが「安売り」をやめたワケ


町田電気屋


本の内容はともかく、地域で生きる、既存客を大事にする、
すぐに買わせる発想を捨てる、安売りをしない、など
小さな会社がやるべきことが詰まっていました。
ランチェスター戦略でいうところが見事に実践されてます。
(ランチェスターの本ではないけれども。)

コストカット、効率重視が行き過ぎた世の中で、
小さな会社が過当競争・需要減退の中で勝ち残るために
本当に大事なことは何なのかを教えてくれます。
客商売ってかくあるべきだよなぁって。


現在では、効率化やコストカットの美名(あるいは言い訳)の下に
本当にやるべきことをないがしろにする会社ばかりです。
お伺いした不動産会社さんで、物件資料の作り方や
営業の進め方のコンサルなどを施すと、1年もあれば
2ー3割くらい営業成績がアップします。(ちゃんとやってくれればね。)
手間隙かければ市場(つまりお客さんたち)は
ちゃーんと反応してくれるのです。
大手ならぬ中小は、いや大手であってもNo.1の会社以外は
すべて他社との差別化、選ばれる理由作りを怠ることはできません。

これからリーマン以上の波が来ると言われています。
欧州は連鎖の真っ只中、頼みのアジアも中国がやばくなってる。
どうなるかは神のみぞ知るところではありますが、
何が起きてもよいように、あるいは何も起きなくても
自らの行いを改め、進歩させていくのは何ら損なことではありません。

経営者はみんな五里霧中の中を歩いていると思いますが、
歩みは遅くとも、一歩一歩確実に前進していきたいものですね。



  
| 読書 | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2356

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る