不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< …。 | main | キャッチフレーズの効果 >>

事前に読んでもらいたい、おすすめの書籍等

Category:読書 Date:2014.05.26 Monday
先週、今週と関西まわってます。
その他の地域にも順次まいります。

お話しするとだいたい2〜3時間程度滞在します。
営業さんが何人かいらっしゃる会社さんだと
営業研修的な話になってしまいますが、
せっかくならば、僕の話だけでなく、おススメの書籍等をみていただき
そのエッセンスを仕事に取り入れていただければ、と思います。
そうすると僕のスポットのコンサルもかなり効果的になるのかな、と。
お勧めしたいものはいっぱいあるんですが、
とりあえず3つだけ。


「あたりまえだけどなかなかできない商いのルール」
この本は商売人としての心得などが書かれていてどの商売をする人にもおススメです。
押しの強い営業をせざるを得ない状況の人にとっては読むと心が痛いかもしれませんが、その場合はすこしでも営業のやり方を変えてみてはいかがでしょうか。人生は有限です。時間は流れます。どうせなら人に喜ばれるような仕事をしたほうが悔いなく幸せです。世の中は誰かの仕事で出来ている、とどこかで見ましたが、自分の仕事もまた世の中を作っているのだとしたら、よい仕事をしてよい世の中作りに貢献したいじゃないですか。そしてよい仕事をする人には必ず福が訪れますよ。
http://goo.gl/nNYqB6

「小さな会社のすごい社長!―「ランチェスター法則」を実践している会社は、なぜ儲かっているのか?」
小さな会社の必勝法は、手間と労力とかけられるだけのコスト、だと思っています。効率化や費用の最適化(費用対効果)などはよく経営書などに語られることですが、効率化の名の下に無味乾燥なサービス化してしまうのは中小零細企業にとって致命的な事柄です。また小さな会社はどこも予算ギリギリでしょうが、だからといってなんでもかんでもケチって予算を投じないのもまた愚の骨頂。チラシ一枚にしても費用ではなく投資だと考えてかけるべきところにはかけないとそれこそ本末転倒な結果しかまっていません。多くの会社を見てきて本当にそう思います。この本を読んで手間暇の大事さを感じていただければと思います。
http://goo.gl/zL3rnH

「幸福のスイッチ」
カネにならない仕事、単価の小さな仕事をバカにするバカな人間はどこにでもいますが、一見無駄なように見える小さな積み重ねが信頼につながり大きな仕事を引き寄せるということは長い間真面目に仕事に取り組んだ人間ならだれでも知っている事実です。中小企業は手間暇を嫌ってはいけないと思います。欧米流の効率化などはムスカ大佐の言うところの「バカどもにはちょうどいい目くらましだ」という感じです。大手なんぞは効率化しまくって喜んでいればいいのです。画一的なサービスを求めるような時代じゃないです。むしろ一人ひとりにあった心のこもったサービスを誰もが望む時代です。これはまちがいない。そしてそれは大手企業には真似できない中小零細の武器です。それをこのDVDで学びましょう。
http://goo.gl/LYsyM6


知ってるか知らないか、あるいは心構え、
たったそれだけで同じことをやっても成果は違ってくるものです。
人生はどこまでいっても学びですわ。がんばっていきましょう。


 
  
| 読書 | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2484

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る