不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< お客さんが入りづらい、お店 不動産屋 | main | 10年後消えてないようにがんばりましょう。 >>

人も商売も、ココロの時代

Category:日記 Date:2014.11.02 Sunday
先日、コイワタイムズの畑さん主催「ココロの授業」
なるセミナーに行ってまいりました。
(仲良しのデジコム前原さんに誘っていただきました。)

僕は知らなかったのですが、講師の比田井和孝氏は
コチラの本がベストセラーで、テレビなどにも出演され、
とくに長野県では有名なかたなのだとか。
本職は専門学校の先生で「仕事のやり方」より
「職業人としてのあり方」を教え、
それをもって(職業的に)幸せを提供し、
また自らも享受できる人間教育をされているとか。

今の時代に一番合っていて人間の普遍的に必要なことを
ずっと続けられてこられてそれが今評価されていると。
お話とてもためになりました。
ここで僕がウダウダ語るよりお名前検索していただいたほうが
よりわかりやすいかと思いますので、ぜひご確認ください。

心の授業

すごいね、小岩の地域の人たちたくさん集まってる。
講師の方も有名な方だそうですが、この場では畑さんのほうが有名人。
コイワタイムズを綿々と続けてこられたチカラです。
※ >>コイワタイムズのことはコチラ
小岩を元気にしたいと1人で始められて、
多くの方をまきこみ、支持され愛され、すごいです。

こういう取り組みを目の当たりにすると、
いよいよ「非ステレオタイプの時代」になってきたと感じます。
それと同時に「ココロの時代」でもあるのかな、と。

周りの人々と楽しくつながる、みんなのために何かする、
喜んでもらうことをする、それらがまわりまわって
自分にも幸せを運んでくれると。

これを単なるキレイごとだと思いますか?

でも打算的にみればこれは大いなる差別化なんですよ。

だって、
自分のために何かしてくれるトコ、
なんか応援したくなるトコ、困っても頼れるトコ、
にぎやかなトコ、たのしそうなトコ、
”そういうトコ”に人は集まるじゃないですか。
そしてそういうトコを人はクチコミ紹介するじゃないですか。

いまや1世紀前の人の一生分の情報が1週間で入ってくる時代。
そのほとんどが広告宣伝、つまり売り込み。
いまや風俗だけじゃなく普通の居酒屋まで客引きする時代。
どこもかしこも売り込み客引き、虎視眈々と客の財布を狙う時代。
過剰な効率化と収益化がもたらしたなんかいやらしい世の中。

単純集客だけでは商売も厳しいですよ。とくに中小零細は。
だって、広告宣伝における単純集客だと、
中小は大手には資金力・ブランド力・機動力で勝てないもん。

でも、生きていくために、勝ち残るために、
大手には出来ないことをやるしかない。
そのために顧客である地域の人を味方につける。
地域の人を自分(自社)にひきつける。
地域の人と仲良くなる、よく思われる、支持される、
そういう「つながり」こそが最大の武器になるわけです。

需要が拡大している経済成長時代ではないのだから、
むしろ真逆の時代なんだから、「選ばれ・生き残る」を考え、
広告一発ポンの考えから抜け出さなきゃいけない、どんな商売も。

そのためにも「地域から支持される」は大事なことです。
ね、それは商売的に考えて単純なキレイごとではないでしょう?

ま、「地域をもりあげたい」「地域のために」とか
やってる人たちはもちろん、
そういう商売的な視点には重きを置いてないんだろうけど
どちらにせよ結果はきちんとついてきているんだと思う。

手間がかかるし、想いがないと続けられないことだから
誰にでもできることじゃないけど、だからこそ
参入障壁も高いし、そうかんたんに崩れないし、
中小零細にとっては地域対策は最大の武器になるかな。

そうそう、そういえばこないだ飲みに行った不動産屋さんも
ずっとペーパーで地域情報発信してたら、
地域のランドマーク的なタワーマンションの
賃貸に出してるものの管理の6割が自社のものになったって。
すごいね。売買の方よりも賃貸の方のほうがあうのかな。

ま、そんなこんなで、地域に根付いた中小零細事業者の皆さんが
がんばってともに地域を盛り上げていけば、
日本もまだまだ元気になるキッカケはあるんじゃないかと思います。
内需は強いし、いまは経済が回ってないだけだと思うし、
しょせん経済は人の心理だし、
マクロだミクロだ小難しいうんぬんかんぬんは置いといて、
みんなが楽しく暮らしてそれがまわっていけばいいじゃない。

今年もはやくも!あと2ヶ月。
がんばっていきましょう。


 
評価:
三笠書房
¥ 617
コメント:まだ読んでないけど、講演はすばらしかったです。

  
| 日記 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2498

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る