不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 企業組織文化が結局人もチームも、そして結果も作るって話 | main | 【不動産業界ことし1年の話題抜粋】 >>

不動産融資が過去最高に!住宅ローン説明が営業の成否を分けるか?!

Category:不動産業 集客と成約 Date:2016.11.16 Wednesday

住宅ローン金利低下後、急に業績が良くなった不動産会社さんがいくつもあって、ウチの「ローン講座くん」を使ってくれているお客さんたちも「金利の説明」「住宅ローンの説明」がよく効く、との声をいただきます。

 

今日のニュースを見ると、やはり不動産融資は過去最高なんだとか。

マイナス金利受け不動産融資が過去最高に(NHK NEWSWEB)

日銀がマイナス金利政策を導入したことなどによって全国の銀行による今年度の上半期の新規の貸し出し額は、去年の同じ時期に比べて16%増え、不動産業向けは過去最高となったことがわかりました。

これは、日銀が、都市銀行や地方銀行など、国内の139の銀行による新規の貸し出し額などを調査してまとめたものです。
それによりますと、ことし4月から9月までの半年間に銀行が企業や個人に対して融資した金額は23兆9413億円となり、去年の同じ時期に比べて16%伸びました。
このうち不動産業向けに新たに融資した金額の合計は、5兆8943億円となり、過去最高の水準となりました。

 

 

金利の影響ってやっぱ大きくて、1%あがると、だいぶ違ってきます。

2000万を0.6%で借りてるのと、1.6%で借りてるのでは高い車1台分くらい違ってくる。

 

 

 

車じゃなくても差額で子供の大学の学費とかでも賄えてしまいますよね。これは大きい。

 

都市部での不動産価格が高騰してるといっても、郊外では変わらずだったり下がったりしていたりなのだから、なかなか下がらない家賃を考えると買ったほうがオトクと思える。
最後に家は残るし、保険にもなるし。
 

「金利が安い」ってのはすごいチャンスなんだから、物件よりも前にローンとか不動産を買うこと自体の説明なんかをきちんとしたほうが結果的に成約率が上がっていいよ!、ってのは講演や研修などでもいろいろ言うのですが、なかなか受け入れてもらえません。

 

やはりまだまだ物件、物件とにかく物件となって、立地&スペック先行型の成約率低めの営業マンが多いのが非情に残念。

まだまだ反響一発押し込み契約信奉が根強い。

他業界ではモノ売りじゃなくてソリューション営業(提案型(or問題解決型)営業)がいまや主流なのに。

 

ま、そういうモノ売りオンリーの会社や人が多いなかで、きちんと提案型の営業を心得ている人や会社にお客さんが行ってしまうから、業界も2極化しているのかもしれません。

 

差別化ってホント大事です。

 

低金利時代の追い風をうまくつかんでいきましょう。

ぜひ、弊社サービス「ローン講座くん」をご利用&ご活用ください。

 

  
| 不動産業 集客と成約 | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2556

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る