不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 成功者が語る「ITからDTの時代へ」だって。 | main | 「安物買いの銭失い」にご注意をw >>

オトリ物件情報、不動産業界から「年内に悪癖を駆逐してやる!!!( ・`ω・´)キリッ」と国交省。

Category:不動産業 集客と成約 Date:2016.12.26 Monday

年末ですね。

今日(すでに昨日)は寒くなりましたが、ここ連日あたたかかったので全然年末感ないですね。

スキー場とか大丈夫なんでしょうかね。

 

さて、おとり広告について日経が報じたので、不動産業界がざわついてます。

「年内に悪癖を一掃する!!!( ・`ω・´)キリッ」

とのことで、強引系不動産会社さんは戦々恐々かもしれません。

 

不動産「おとり広告」規制へ 成約物件で客引き(日経新聞)

国土交通省は成約済みの不動産物件をインターネット広告に載せて客を呼び寄せる「おとり広告」の規制に乗り出す。すでに取引意思のない物件を広告したり、成約物件をサイトに残したりするのは、宅地建物取引業法などに違反すると業界団体に通知。不動産取引が増える年度末に向け業界の悪弊を一掃する。

 

やっぱりどちらかというとオトリ系は賃貸が多い気がします。

売買もあるりますが昔に比べてだいぶ淘汰された感があります。

 

賃貸の場合、やはりエンドユーザーに若い層が多いので、ぶっちゃけ「世の中わかってない」ので騙されやすい。営業マンが年上なので騙されても断れない、、などの押し込み営業が横行しています。

また、営業マンは営業マンで、オトリやだましを含め、その不誠実な営業手法が当たり前だと刷り込まれている上に、社員の場合は逆らえないし、独立する人は前職をコピーしてそのままやるので悪癖を業界として絶つことがなかなかできないままです。

 

売買の場合は、リーマンでだいぶ淘汰され、昔のように一か所に何十人も営業マンがいて電話しまくるタイプの会社がずいぶん少なくなりました。お客さんもネット時代でいろいろ検索する時代になりました。売買などの高額商品はとくにその傾向が強く、購買を決めてから数年間情報を探すって方が多くなりました。昔ならそんな探しまくるやつはマニア(買わない奴ら)だと言って相手にしませんでしたよね。(ま、購入に前向きになってからは3か月以内ってのは変わってないみたいですけども)

 

どちらにしたって、うちのお客さんたちを見ていると、強引なことをしなくても十分営業できる、ってことですよ。

オトリなんかしなくても、その真逆の真っ正直にやれば、やりつくせば、集客に困らない。そんな会社さんをたくさん僕は見ています。情報発信をしっかりやって、良いも悪いも出して、相手の気持ちに立ってしっかりやれば、どんな商売でも成り立つに必要な人数くらい支持してくれる人は集まるんじゃないかな。

 

・まっとうな商売をする。

・それをしっかり情報発信する。

・世の中の動向を見る。

・自分の子供や親や友人に自慢して見せられる営業か自問自答する。

・きれいごとだけで終わらないように仕組化して商売して稼ぐ

 

などなど。

 

来年は、重要事項説明電子化、統合データベース、民泊、空き家問題(補助金)、などなど、今よりより一歩進む感じがします。

賃貸マーケットが良くないし、売買マーケットも落ち込みが予想されるので、不動産業者さんは大変だろうし、その不動産業者さんに支えられてる我々周辺業者もがんばらねば大変かと思います。

 

僕も、公私ともにいろいろあろうかとおもいますので、がんばってやらねば、、、。

来年こそはローン講座くんもバージョンアップするし、あたらしいサービスも考えるので、ぜひお付き合いください。

 

それでは、みなさまよいお年をお迎えください。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

  
| 不動産業 集客と成約 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2562

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る