不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 2017年・首都圏は不動産賃貸繁忙期? | main | 【その二】「質の低いサイト」はSEO的には今も昔も評価を下げられる。 >>

「質の低いサイト」はSEO的には今も昔も評価を下げられる、価値が低いとみなされる

Category:インターネットとか Date:2017.02.05 Sunday

みんな大好きSEO。

不動産会社さんの中ではとくにSEO人気はすさまじく、いまだに意味ないことに毎月何十万とか払っている人もいますし、かわいそうにやってることがスパムだと気が付かないままスパムをしまくってる方もいます。

不動産のメインがネット集客になってしまったからしかたないんですけどね。

 

ネット(自社ホームページ)から客が来ると考えた場合、検索かリスティング広告、どちらにせよ検索からの自社サイト流入がほとんどなわけです。最近だとSNS経由も無視できないレベルになってきていますが、やっぱり検索から来るお客さん(つまり反響)がメインなので、やっぱり検索対策(つまりSEO)ってことになります。

 

そんな現状の中、独占企業グーグル様が通達をお出しになられまして候。

グーグル、“質の低いサイト”の検索順位を下げる--キュレーションメディアに影響も

https://japan.cnet.com/article/35096052/

 

”質の低いサイト”の検索順位を下げるんだって。

 

これは主に、世間を騒がせたキュレーションサイトに向けての警告だと思われます。

ここでいう”質の低いサイト”というのは、ようするに、パクリ記事なんかのことかと。

一連のキュレーション騒動なんかだと、明らかにパクリでしたからね。

だから、一見、普通の人々には関係ないことのように思います。

 

ただ、グーグルは昔から”サイトの質”の評価で成り立ってきたので、昔も今も”質の高いサイトは評価し、質の低いサイトは順位を下げる”方向で動いているのは、ブレない事実です。

 

昔と違って、物件ページ単体の評価は落ちてる感じがあります。かつては物件単体でも検索順位に乗ってきていたのが、最近では物件単体を見る頻度は明らかに下がり、いまやサイト全体で評価されている感があります。

それにともなって、以前は中小不動産会社も検索順位の上位を占めることが良くありましたが、最近はほぼポータルが上位となっていますよね。(瞬間最大風速的には話題になった会社が上位になることも珍しくはありませんが。)

 

ま、どちらにせよ、中小不動産会社の検索評価が相対的に落ちてきている、と。なかなか厳しい時代になりました。

「質の低いサイト」はSEO的には今も昔も評価を下げられる、価値が低いとみなされる、「物件情報量」で比べられたら、そりゃ、ポータルの圧倒的情報量に中小不動産会社は勝てません。

また、消費者目線で考えても、いち不動産会社のサイトよりも、たくさんの物件が、たくさんの不動産屋からでているポータルのほうが魅力出来でしょう。

 

その消費者の魅力に、中小不動産会社はどう食い込んでいくか、が不動産ネット戦略醍醐味ではあろうかと思いますが、現在2;20分でそろそろお酒も回ってきて眠くなってきたので、またこんど。

 

おやすみなさい

 

 (☆-ω-)zzZZ

 

 

  
| インターネットとか | 02:18 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2572

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る