不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 「質の低いサイト」はSEO的には今も昔も評価を下げられる、価値が低いとみなされる | main | 大事なのは「情報発信」 >>

【その二】「質の低いサイト」はSEO的には今も昔も評価を下げられる。

Category:- Date:2017.02.09 Thursday

前回の記事『「質の低いサイト」はSEO的には今も昔も評価を下げられる、価値が低いとみなされる』が好評でして、続きはどうした、とのお声を多数いただきまして。

 

中小不動産会社のホームページ制作にあたっての心得みたいなのをざっくりと書こうかと思います。

 

まず、結論から言うと、「SEO」なんか気にするな、ってことです。

グーグルは基本的にユーザーにとってより良いものを評価する、って大原則があるわけなので、ユーザーにとって良さそうな情報をしっかりと配信していけば自然にグーグルにも評価されるってわけです。

 

へんにテクニカルにゴチャゴチャやるからおかしなことになって、SEO業者なんかブームを過ぎて潰れまくったわけです。

どこかで聞きかじったテクニックなんかやるべきじゃないでしょう。リスク高すぎです。

SEOテクニックの多くはしょせん裏をかいた手なので、たとえ一時的に効果があったとしても、それが裏目に出たときに大ペナルティを食らって大変なことになります。

 

だいたいね、グーグルはテクニック的なSEOを嫌うでしょ?

端的なのはこないだのグーグルのアップデートですよね。

「てめーふざけんな、ズルしやがって!」っていつも言ってて、アップデートしまくりですよ。
グーグルに評価されたくてSEOなのに怒られるようなことしてどうすんの。

 

そもそもね、検索順位が上位だったからって大儲けできるわけじゃないんですよ。

なんでか、っていうと、いくら上位表示したところでサイトや会社に魅力がないと反響にはつながらないですし、もっといえば、その先の営業対応がまずいと、不動産業の場合は成果報酬だから「決まらない」とお金にならないわけです。

 

ウチのお客さんにも上位表示できてる会社さんありますけども、その後の対応で売り上げの違いは歴然です。

 

地域商売ならそもそも顧客数は限られているので、普通のショッピングサイトに比べて反響数も限定的です。

(都市部の場合は半分はどうしても大手に流れてしまいますし)

つまり、集客から成約までしっかりとデザインしないと、意味がないっちゅーことです。

 

「お客さんにとって、何が役に立つか、喜ばれるか」

あたりまえですが、この視点からコンテンツ作りをしていくのが良いでしょう。

ってか、商売の基本ですよね。売ろう売ろうとするから顧客が寄り付かない。

北風よりも太陽ですよ、やっぱり。

 

自社サイトは、ポータルよりもなによりも、本来的に一番成約率が高く、一番おいしいメディアです。

自社サイトで反響がない、お客さんが自社サイトを見ずにポータル他から集客しているって会社ははっきり言ってモッタイナイです。いますぐなんとかしましょう。

 

で、

 

具体的に何やりゃいいのよ、と。

 

 

眠くなってきたので、次回、乞うご期待。

 

おやすみなさい

 

 (☆-ω-)zzZZ

 

 

 

 

 

  
| - | 02:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2573

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る