不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 【その二】「質の低いサイト」はSEO的には今も昔も評価を下げられる。 | main | 当たり前だけど、大事なのはネット対策よりもリアル対策だよなぁって話。 >>

大事なのは「情報発信」

Category:- Date:2017.03.04 Saturday

なんか、あっとういうまに3月になってしまいましたね。

先週末から10年ぶりぐらいに風邪で数日寝込んでしまいちょっとタイムスリップした感があります。

 

さて、先のブログがご好評いただいてから、続きを書いてないので書きます。

グーグル様の相次ぐ仕様変更でインチキSEO屋が跋扈する範囲がどんどん狭められ、SEOをウリにしている制作会社なども苦しんでいます。ってかインチキSEO屋なんて実際大したことなんかしてない詐欺師ばっかりなのでグーグルが何しようがあんまり関係ないんですが。

 

ま、ウチのお客さんでもいわゆるビッグワード「地域名+不動産」とかで上位の方いますけど、上位になったからって問い合わせがバンバン増えるかっていったら実のところそんなでもないです。アクセス数は違ってきますが。

 

ただ、不動産の場合は、賃貸でも売買でも、成約しないとお金にならないという、物販とは事情が違ってサイト完結しない「大変さ」があります。さらには、売買のように、1年とか時間かけてネットでいろいろ情報収集する時期があって、それを経てはじめてエンド客は「問い合わせ」という行動にでますので、いくら上位だからって、さほどのアドバンテージがあるわけじゃなかったりもします。1年もありゃ、いろいろ検索してみますからね。ま、いい位置に越したことはないんだけどもね。

 

でも検索の順位なんかよりも、もっと、もっと大事なのは「情報発信」なんです。

ホントこれをやってるかどうかの違いが大きい。これはブログでも昔から何度も言ってることなんですけどね。

情報配信が大事ってのはあちこちで聞くかもですけども、僕が言いたいのは商品たる物件情報をたんにTwitterやFacebookで拡散とか、そういうことじゃないです。

 

物件情報を単純に垂れ流してるだけの会社は多々ありますけども、それはそれで間口戦略のひとつとしてアリではあるんですけども、そうではなくて、もっとリアルに、自分の言葉で、自分の思いをしっかりとお客様に届ける、自分のプロとしての実力を、信頼をわかってもらう、そして「他業者よりもオレ」を選んでもらうために伝えること、そういった情報配信。

 

たとえばよ、ポンと出された料理と、素材からおいしく作ってる様をレポートした料理と、どっちがうまいよ?という話ですよ。どっちが食べてみたくなりますか、って話ですよ。言うまでもなく後者ですよ。

 

なので、ポータルよりも成約率が高くて「おいしいメディア」である自社サイトは、しっかりと情報配信しなさいよ、と。パートさんが流れ作業的に入力する物件情報並べるだけじゃなくて、日々の町の動きや、相場や、不動産を取り巻く現状やら、ここの物件のアレコレやらトレンドやら、、、って、いろいろいろいろ伝えること。地場の業者である強み、多少は大手をディスりながらも、自分トコがまじめにしっかり毎日をこの町で生きている感を出して、サイト運営していけば、どんな会社だって勝ち残れると思うんです。大げさなことなんかしなくてもね。

 

 

先日、こんなニュースがあって業界をにぎわしましたよね。

 

年収500万円と偽証明書 住宅ローン2900万円詐取 容疑の不動産会社社長ら逮捕 大阪府警(産経WEST)

住宅ローンの融資を受けるために所得証明書を偽造し、銀行から約2900万円をだまし取ったとして、大阪府警捜査2課は28日、詐欺と有印公文書偽造・同行使の疑いで、大阪府和泉市の不動産会社「ウッドベルホーム」社長、鈴木清史(43)と同社店長、岩見大策(39)の両容疑者を逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、共謀し平成27年3月、顧客の40代男性の年収が約500万円あると装った堺市の所得証明書を偽造した上で銀行に住宅ローンを申請。約2900万円を顧客口座に振り込ませ、だまし取ったとしている。

 府警によると、同社側は21年2月〜昨年2月、少なくとも約80件の住宅ローンの申請で所得証明書を偽造し、悪用したとみられる。

 

これみて、そりゃひどい!こんな話初めて聞いた!なんて業界の人はいないでしょう。

ひと昔前までは結構横行してたでしょ。ってかゴリゴリガリガリ会社はちょっと前まで平気でやってたし今でもバリバリやってんじゃないの?って思うでしょふつうは。

さらに、ゴリゴリガリガリ会社が部下にそれを強要したりするもんで、そしてその部下がまた独立してそんなもんだと文化継承していくからおかしなのが延々と続いていく。

まじめにやってる人のがおおいんだけど、それでも不動産業界のイメージが一向に改善されてかないのは一部のゴリゴリガリガリ君が昔ながらを綿々と継承していっているからです。

 

 

不動産会社の信頼度が最も低い結果に/営業スタッフの印象に関するアンケート調査(FDJ.com)

アンケートによると、6割以上の男性が不動産会社の営業スタッフへの信頼度が低いと回答。「保険」「銀行」「証券」の他業界との比較においても不動産会社の営業スタッフの信頼度が一番低い結果となった。

 

ま、でもそれはチャンスでもあります。業界のイメージが悪いならば、自分がしっかりすればそれが差別化になる。

自分がしっかりするだけではなく、しっかりしている自分を、しっかりと自分ブランディングしていくこと。

他の業者はしらないけどうちは大丈夫、卑怯なマネは一切いたしませんをしっかりと情報発信してアピールすることです。

常設のコンテンツ、そしてブログやSNSなどでの常時的な世間へのアピール(情報発信)です。

 

一昔前なら、中小零細企業が、ひろく世間に情報発信なんかできなかったからね。

情報発信なんかできないからみんなポスティングや折り込みでしのいでたわけなんで。

いまは紙媒体捨ててもネットをしっかりやれば小さな会社でも生きていける時代です。

 

なんてありがたい時代なの。

 

なので、物件情報だけの更新ではなくて、ブログ、Twitter、FacebookなどのSNS活用、そうした情報発信を広げていきましょう。そしてできるのであれば、たんなる日記、からは脱却して、見てくれる人の役に立つようなものを書き重ねていく。

不動産のプロであるなら、なにかしらプロっぽい知識の断片を置いていくことは可能だと思いますので。そうした知識の断片に触れて、エンドのお客さんは、この会社は信頼できるとか、この会社は詳しそうとか、で反響につながるわけです。

 

大事なのは「情報発信」なんです。物件情報はもとより、それ以外の情報もたくさん発信していきましょう。

 

そして、忘れてはならないのは、反響後の対応です。成約してもらわないと反響などいくらあっても売り上げになりませんので。

昔、サイトを作って反響が倍になったけど売り上げが落ちたって会社がありました。なぜなら、反響対応に忙殺されて、顧客対応がおろそかになったため、本来決まるべき客を逃してしまい、結果として売り上げが落ちたんです。社員がたくさんいたら何とかなるかもしれませんが、少人数の会社では反響が増えすぎるのも困りものです。

 

大事なのは反響数より成約率、成約率を高めるには、サイト対応だけはなく、リアル対応も必要です。販売図面コピー1枚でどうにかしようという古い営業はもうやめましょう。しっかりした資料を用意しましょう。手土産なんかも用意してあげましょう。モッタイナイとか言わない。そこはけちってはいけない経費だと思います。「決めるため」ですので。(エンドの方から見たらいやらしいかもしれませんが、、、。)

 

 

病み上がり、たった1杯の角杯でそんなことおもいました。

 

 

繁忙期ももう終わり、がんばっていきましょう。

 

 

それではまた。

 

  
| - | 02:25 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2574

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る