不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 経営に役立つ面白い動画を見つけたので皆様にもおすそ分け。 | main | 多様性って必要だよね。リスク考えたら。 >>

衆院選はじまる・雑感

Category:- Date:2017.10.11 Wednesday

いよいよ、選挙がスタートしましたね。

今回は選挙前から民主党崩壊や希望の党立ち上げなどの話題があり、選挙戦が熱くなりそうです。

 

右でも左でも、個人の思想は自由ですが、どちらでもいいので選挙はいきましょうね。

「俺が行ってもいかなくても変わらねーよ」とかガキみたいなこと言ってはダメ。一人の一票は確かに弱いけれども、それが集まって全体意思が政治に反映されるという民主主義はすごいことなんですよ。かつて人類はその一票を得るために多くの人が独裁者と戦い、名もなき志士たちが命を落としたわけですから。

 

さて、選挙そのものはどうあれ、我々庶民が構えておかなければいけないこaとが一つだけあります。

それは「消費税増税」が既定路線になってしまい、2019年から実施されてしまうという点です。

 

現在、景気は間違いなく「良い」です。それが我々庶民にまで落ちてきているかどうかは別として、民主政権よりは名目数値も空気感も悪くありません。株価だってグンと上がったのは誰もが周知の事実です。

 

しかしながら、消費税増税がこの景気に水を差してしまう、という懸念もまた我々がかつての経験から感じてしまうことであります。

3%から5%への増税時に僕は大学生ながらトヨタ自動車で期間工を経験しましたが、駆け込み需要のすさまじさとあわせてその後のものすごい落ち込みも感じました。

8%への増税は2014年。提出は野田政権でしたが、実施は安倍政権。これ、アベノミクスがなければ日本経済壊滅だったでしょう?っていうのはもはや皆さん周知の事実でしょう。

 

さて、アベノミクスが一段落している今、10%への値上げ、たった2%ではありますが、税率とか金額とかではなく、1割も税がかかる事実は人の心に重くのしかかるものだと僕は感じます。

ちょっとばかばかしいと思われるかもしれませんが、10%と計算しやすいことも心理的影響は大きいですよね。パパっとだれもが暗算できますんで。1万使って千円だともったいないし、10万で1万だと痛いし、100万で10万だと馬鹿らしくさえ感じます。

 

お金にあまり執着のない僕ですら「無意識に無駄遣いは避ける行動をとってしまう」ことは明白です。性格の細かい(しっかりした)人だとなおさらでしょう。

 

そうした行動が日本全国で発生すれば、そりゃぁ景気は悪くなるでしょうよ。

今回、自民党が大敗することはまずなく、安倍政権存続はどちらにしても安泰でしょう。思想信条は別としてですよ。

 

なので、どちらに転んでも消費税は予定通りのスケジュールで10%になりその後の手当て次第では景気は落ち込んでしまうということです。

唯一の救いなのはオリンピック景気が引っ張っていることと、10%増税に向けての何らかの手当はしてくるだろう、ということ。(ただ手当政策はまだ具体的なものはないですが)

 

不動産分野では、住宅ローン減税・住まい給付金のようななもんがまた創設されるとよいのですが。

 

とりあえずですね、景気はほっといてもよくはなりませんし、人々を取り巻く経済環境・社会環境はどんどん変わってきています。

我々中小零細企業にとっては、今まで通り、ではいかにも厳しい時代です。

昨日よりも一歩でも二歩でも進んでいる今日を迎え、さらに歩を進める明日でありたいものですね。

 

どちらにせよ、明日の社会を創るオトナの責務として選挙にはいきましょうね。

 

 

  
| - | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2596

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る