不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 多様性って必要だよね。リスク考えたら。 | main | いろいろ、動いてますね、、、 >>

東京モーターショー2017で感じた未来

Category:- Date:2017.10.30 Monday

今月は公私ともに大きなトラブルがありちょっと大変だったのですが、まぁ、そんな中で先日「東京モーターショー2017」に行ってまいりました。(行ってる場合でもないのですが。)

一般公開に先駆けて入ることができたので、イマイチ人気度合いというか、会場の熱気具合はわからないのですが、とりあえず「未来」を感じることができましたのでご報告いたします。

 

今回のモーターショーのテーマは「自動運転(AI)・EV・シェア」この3つ

 

だと感じました。公式のテーマは「世界を、ここから動かそう。 BEYOND THE MOTOR」だそうですが、実質的には「自動運転(AI)・EV・シェア」だな、と。もうね、どの車もコンセプトカーは自動運転とEVだらけ。マツダくらいかな従来型のものは。

 

EV車(電気自動車)が急にもてはやされた背景。

 

今年に入って欧州各国が2030〜40年をめどにガソリン・ディーゼル車の全廃 → 自動車EV化宣言を相次いで発表し、世界最大級のマーケットである中国まで同調してしまったものだから、車は急激にEV化がシフトしてきました。

背景には政治的な欧州・中国VSアメリカみたいなものもあるらしいけども、国際競争的に日本車に対抗するためだとか、深刻な環境問題に対応するためだとか、いろんな思惑が積み重なってのEV化シフトらしいです。

 

その背景を踏まえて、各自動車メーカーは俄然EVを押してきています。

 

これからのクルマは自動運転へ

 

自動運転はアウディがA8という車を世界初の自動運転と発表してましたが、それに先駆けて日産リーフが新型を発売。公式サイトやレビューなどを見るともうほぼほぼ自動運転。ってか、自動運転的な安全装置(装備)がここ数年来急速に普及し始めていて、もうあと数年後には完全自動運転もでてくるでしょう。藤沢とか日本国内でも実証実験もやってたよね、たしか。

 

民泊のように法整備が追いつかないことはあるかもしれないけれども、テクノロジー的には自動運転化はごく近い未来だと思います。

 

自動運転を実現するにあたっては、機械のセンサー類などはもとより、それらを適切に判断するAI(人工知能)も発達していくでしょう。AIに関しては、IT業界でもトレンドですよね。クルマの操作に関しては、都市部などでは交通情報や地図が発達しているのでそれらのデータと合わせて、人間よりも安全安心に運転してくれそうです。ハッキングされたら怖いけど。

 

世の中が、人の意識が「所有から利用へ」と変化してきている

 

カーシェア、なんてのももはや都市部では当たり前に。タイムズカーシェアなんかいまやあちこちに見るし。

クルマを単なる移動手段としてしか思ってない人にとってはもはや「車を買う」って意味がないのかもしれません。

クルマってそもそも高いし、税金モリモリですし、保険もいる駐車場も必要、好きじゃない人にとっては便利だけど面倒な金食い虫です。

だから、送り迎えや休日だけカーシェアって人が増えています。まだ少数派ではあるけれども、シェアリングエコノミーは確実に世界で広がっているため、「自家用車からカーシェア」は今後ドンドン広がっていくことでしょう。

 

クルマはこれから個人が所有しなくなる社会に

 

上記の3点を踏まえますと、これからの社会はタクシーとカーシェアを足して割ったような車利用になるんじゃないかな、って思います。

 

自動運転ってことは、無人のタクシーです。町中を徘徊しているかもしれないし、どこかにカーステーションみたいのがあって、待機していて「スマホでクルマを呼ぶと迎えに来てくれて、目的地についたら車は勝手にどこかに去っていく」みたいな。

無人だし、無駄な徘徊とかしないので利用料金は現状のタクシーよりずっと安い、みたいな。

 

だいたい、自動運転EVとかになると、センサーとプログラムだらけで個人所有は大変になるわけです。修理やメンテナンス箇所が増えパーツが高度・高価格化する分、維持費もかさみそうです。今の車だって昔の車よりも電子デバイス多かったりエラー直せないから機械持ってない町工場では対応できないこともあるしね。

 

利用する、ってことだけを考えるなら、安い無人タクシーで事足りる。面倒なこと(車検や税金払い)も一切ない。クルマを所有する意味がありません。実際に、BMWのカーシェア事業では、利用し始めた人の38%が自家用車を売却しちゃったそうです。

カーシェアが便利なら車所有しなくなる、自動運転で無人タクシーがあふれて、スマホでぴゅぃっとやってくるようになると、所有なんかしなくなるでしょう。

 

そうなると、車売れなくなったメーカーは、製造&自動運転タクシー会社になっていくんじゃないかな。

利用自体がなくなるわけじゃないから、自動車メーカー自体がなくなることはないだろうけど。

 

 

今回の東京モーターショーは、そんな未来を感じさせるものでありました。

どこのブースにもVR端末があってね、置かれた車の椅子に座って見せてくれるんですよ。VR流行りだねすごいなっておもいました。

 

結局、空飛ぶ車は作れなかったけど、自動運転でAIを搭載してもっともっと便利になりそうです。

クルマ好きにとってはちょっと寂しい未来かもしれませんけどね。

 

どうなっていくんでしょうか。

あっというまに2017年も暮れていきます。

あと2か月がんばっていきましょう。

 

 

  
| - | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2598

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る