不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 中小零細企業のSNS活用について | main | 21世紀は、単なるモノ売りじゃ通じない時代ってのを再確認。 >>

不動産会社さんのブログ・マーケティング活用は時事ネタが一番効果的

Category:インターネットとか Date:2018.03.10 Saturday

ブログって「ネタがない」ってのが老若男女・業種問わず共通の悩みだと思うんです。

 

なに食ったとか、どこいったとか、そういうどうでもいい日常会話も人間性を表現する(知ってもらう)ためには必要なんですが、そればっかりだとやっぱりどうかと思います。

仕事で、エンドのお客さんに向けて、集客がほしいとか信頼してほしいとか、そういうことを目的としているのだから、きちんとプロとして専門的なことを書くのが王道です。

プロとして専門的なことを書いて、自分の知識や経験をアピールして集客したり信頼を得たりしましょう。不動産業者として自慢すべきはベンツでもレクサスでもロレックスでもなく、プロとしての知識や経験です。

 

そういう観点から、いろいろ書くと集客も信頼も得られるわけですが、いざ書こうとなると何書けばいいの?っておもって「ネタに困る」という状況に陥るわけです。

 

そんな時に便利なのが「時事ネタ」です。不動産の観点からみた「時事ネタ」。これに本質を絡ませたら、注目が集まります。運大尉とマスコミに出られるかもしれません。ウチのお客さんでも時事ネタでニュースに取り上げられたりした会社さんはたくさんいます。

 

今の時事ネタといえば、「空き家問題」と「かぼちゃの馬車問題」です。

空き家は主に実家や相続不動産処分の「売り」獲得のための集客が期待できますので、営業エリアのことを取り上げながら地域の空き家問題や空き家活用などについてプロとして思うことをブログに書くとよいでしょう。

 

もうひとつはね、今話題の「かぼちゃの馬車」ですよ。シェアハウスの問題。アパート乱立問題などとも類似する。

これは不動産投資と絡めて解説し、不動産投資を考えてる・引き継いだ(相続した)人々にむけて不動産のプロとしてのアドバイスを書くとよいかもしれません。
小規模の不動産投資家さんはいつでも「良い不動産屋」を探してますから、そういう人に見てもらって付き合いをもらえたらかなりラッキーです。
アパート乱立問題などはこの1〜2年世間でも大きな話題となっていますが、ブログとかでわかりやすく情報発信している不動産会社さんは少ないです。実にモッタイナイ。みなさん知識がないわけではないのに。
ほかのライバル不動産屋さんがブログに書いてないのだから、そんなライバルを横目に自分たちはしっかり情報発信してプロの不動産業者をアピールしましょう。

日々の不動産取引のこと、お客さんにいつも話しているようなことを書くともうそれだけでプロっぽくて見た人からすると感心されるわけなんですけども、時事ネタとからめて問題をわかりやすく書き、自分の考えをしっかり織り込みつつアピールしていくとよいかと思いますよ。

 

 

ことしもあっというまにもう3月。寒さも和らぎそろそろ春めいてくるのでしょうか。

頑張っていきましょう。

 

 

 

  
| インターネットとか | 01:21 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2612

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る