不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< ちょっと、FBとかでも住宅ローン破綻の話の話題が最近よく流れてくるんでこんなことを思いました。 | main | 反響が奪われる?!気を付けよう「自社名広告」の罠 >>

私事ながら……

Category:- Date:2018.06.08 Friday

ここ数か月、プライベートで激動がありました。

 

昨年、結婚をし関西と関東を行ったり来たりの生活になりました。そして秋ごろに妻の妊娠がわかりました。

 

ただ、お互い見た目は若くともアラフォー晩婚の上の、カテゴリーとしては高齢出産になるため、うれしい反面不安もとても強くありました。

高齢出産はいろいろリスクがつきまとうという話もあり、流産におびえ、胎児の検査におびえ、の日々が続き、親族やごく親しい友人にしか打ち明けられない状態が続いておりました。

 

そんなこんなで年を越し、春になり、やや安定かと思われた矢先、妻の容態が変化し即入院となりました。

妻自身はさほど悪いようには見えなかったのですが、病室から一歩も出るなという状態から、その後ドンドン状況は悪くなり、最後は寝返りすらうつなの絶対安静状態で意識は朦朧とし、食事もすぐもどすような状態が一か月ほど続きました。

 

まだ予定日から2か月もあったんですが、胎児の体のパーツが完成直後くらいの状態で、子宮破裂、もうだめだ、ということで緊急帝王切開による出産となりました。

1800グラムの女の子でした。(生まれた後に体重は減って1600グラム。)

無事に生まれてはくれましたが、2か月も早く生まれたため未熟児。すぐにNICUという集中治療室に入りました。

初めて見た我が子は人工呼吸器と点滴や測定機器につながれまくったとても痛々しい姿でした。

 

現在3週間ほどたってようやく2000グラムに届くかどうかといったところです。

ようやくNICUから出て、GCUというところに入り、人工呼吸器や点滴も取れました。

ただ、まだお乳を自力で吸うことができず、鼻から胃に管を通して母乳を摂取している状態。

母乳は妻が毎日3時間おきに絞って、お昼前に病院に届けています。退院まで毎日です。

 

赤ちゃんの生まれてくる平均体重が3000グラムぐらいなのでまだまだ。

家に帰るのは夏ごろになりそう。

 

というわけで、かなり激動の数か月でありました。

 

自分が死ぬかも?ということは人生の中で何度かありまして、数年前に胃がんかも?といわれた時には身辺整理したほど冷静であまり怖くもなかったのですが、妻と子供が危ないとかなると、違った意味での怖さがありますね。人生で感じたことのないような怖さと不安ですよマジで。

 

というわけで、仕事も手につかずあんまり動いてもなかったんですが、それでもちょいちょい入ってくるお話もあったりしてあちこち出かけたりもしながら今に至ります。

まだまだ予断を許さない状況ではあるのですが、最悪な事態は脱することができたかなとは思うので、娘もできた以上、今後は頑張っていかねばなと決意を新たにするところではあります。

 

今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

取り急ぎ、近況のご連絡まで。

 

かりゆし58の名曲「アンマー」が自分事と重なって号泣ものであります。。。

  
| - | 02:14 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2621

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る