不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 反響が奪われる?!気を付けよう「自社名広告」の罠 | main | 中小零細商店の効果的なウェブ戦略は、なんちゃってSEOなんかやるよりGoogleレビュー対策を >>

地震がありまして、工務店さんとかリフォーム業者さんとか、ホームページとか情報発信しっかりやったほうがいいよと思った件について。

Category:- Date:2018.06.22 Friday

 

まだ娘も退院していない状態で、毎日のように病院通いしていろいろある中で、震災ですよ。

グラグラ来てヤバかった。築100年の古民家(町家)だからかもしれませんが、上下にガクガクゆれてビックリでした。

関西は地震ないからみんな驚いたと思う。

 

京都の伏見に家があるんですが、京都の伏見といえば400年ほど前に太閤秀吉さんが住んでいて、かの有名な伏見城の前にあった指月城というのがありまして(現ライオンズマンション)、それが大震災で崩れているわけです。慶長大地震といいます。

 

伏見の人間ならば誰もがその自信それを連想しますし、それと地震の断層が同じなのでこの先デカいの来るんじゃねーかってちょっと警戒している今日この頃であります。

 

さて、そんな地震があった日、瓦屋根の家では瓦が落ちたり、屋根の頂点の大棟のあたりが崩れたりしている家が多くありました。

朝地震があって、午後には町のあちこちで工務店・リフォーム業者さんが屋根に上っている光景をみました。

 

 

工務店やリフォーム業者さんなどではホームページや情報発信できているところは、正直なとこ少ないと思う。

いまどき電話帳で調べてどうこうってのは少ないと思うし、まずは知り合いに連絡して、知り合いがいないところはやっぱりスマホで探すと思う。

 

その時に、今の時代は検索でも地域の業者が出てきやすいし、ホームページもあって情報発信しっかりできているところが上位に出てきて選ばれやすい。若い子ならツイッターとかで検索したりするけど、そこでは情報発信している業者がやはり選ばれるに違いない。

 

つまり、ネット配信している業者がこういうときに一番出動しやすく、困った人の役に立てるWin-Winの関係が築きやすいってこと。

工務店さんとか、ノウハウやらセミナーやらコンサルやらいろんなところに多額のお金かけるけど、自社サイトと情報発信にこそお金かけたほうがいいよ。マジで。今回のようなことがあったら、簡単な補修から新築建て替え案件に発生する確率も高いわけだしさ。

 

そんなことを思いました。

 

慶長大地震の時も、大小の揺れがあった後にデカいのきたみたいだし、大丈夫かなぁ。

 

  
| - | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2623

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る