不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 2018年度に宅建受験する方のご参考になれば。 | main | 何があろうとも」FB投稿とかインスタグラムとかツイッターとかで日常を情報発信していくこともまた、我々のような中小零細事業者にとって「忘れられないための重要な仕事」であるわけです。 >>

GoogleMapsの仕様変更など

Category:- Date:2018.08.09 Thursday

GoogleChrome他、ブラウザでの「保護されていません」表示に続いて、GoogleMapの使用も変更になりました。

 

いままでは無料でお気軽利用できていたものが、有料になりました。

ただし、1か月あたり200ドルまで無料で使えます。ドルですドル。

 

200ドルでどの辺まで使えるのかというと、たとえば不動産サイトの物件ページでの地図表示では28,500回/月まで表示が可能、以降は有料課金となります。以後は1000回あたり5.6ドルで課金されます。

ま、普通の不動産会社のサイトだと大丈夫な範囲でしょう。広告をビシバシやってPVが何万も何十万もあるサイトだと結構お金かかりますね。わかりやすく1ドル100円で考えると、+1万PVあたりで5600円、+10万PVで56000円、+100万PVもあったら56万円ですか。まぁどこもそんなにないけども。

 

ストリートビューとか併用しているともっとかかりそうですが、料金がばらけているうえ、システムの作り方などによって違うようです。めんどくさいですね。

 

不動産サイトの物件情報の場合、枝番隠して地図も載せないってところがいまだに標準なので、あまり関係ないかもしれません。

>>GoogleMAPの料金一覧

 

なお、利用する際にはいままでとちがってアカウント登録&課金設定も必須となりました。クレカ設定なのが法人ではめんどいところ。ミスって青天井になったら怖いね。。。たぶん後からナシにはしてくれないだろうし、そもそもお問合せにまともに答えてくれるのかすら怪しいし。

 

 

とりあえず、いままで無料で利用させてくれていたのがあり得ないほどありがたかったわけで、十分普及して独占したら課金回収していこうというのは資本主義の世界の流れでは仕方ないことです。

 

いろいろウェブ周り代わってきていますね。

 

 

  
| - | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2632

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る