不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< エンド相手の商売は、いまさらSEOなんか気にするよりも、グーグルレビューを気にすべし。 | main | 消費税増税が既定路線、「住宅ローン減税延長」も。どうなる不動産業界 >>

WEB屋にカモられないためにもグーグルレビュー対策はもはや必須の時代

Category:- Date:2018.10.28 Sunday

ちょっと、他業界で興味深い事例、、、というか、ちょっとひどい事例がありましたのでご紹介です。

 

詳しくは下記ブログへのリンクをご覧ください。

端的に言うと、グーグルででる会社概要に反響課金型サービスをしれっと入れ込んで荒稼ぎ、みたいな感じのことのようです。そのあらましが書かれています。

 

 

ちょっとすごいえげつないね、これは。

かってに会社概要書き換えて反響課金へ誘導するやり方もえげつないが、いろいろ対策やって「ググって出てくる会社名」さえも奪われてしまい、ようするにネットから来る客の多くを反響課金でかっさらおうと。

 

これ、一時期ウェブ会社間ですごい流行った手口でした(ってか今もそうだけど)。

会社名で他の会社が広告も出して、アクセスを横取りしちまおう作戦。

▼くわしくは依然こちらに書きました▼

▼「反響が奪われる?!気を付けよう「自社名広告」の罠

 

不動産業のホームページは反響課金型も少なくないですが、せっかく自社のサイトを見にきたのに(そのままだったらコストかからないのに)、無理やり反響課金型へ誘導されたらやっぱりもったいないですよね。

反響コストは、地域・会社などによってばらばらで一概にいくらとは言えませんが、都心とかでは@1〜2万円程度、成約単価で@10〜20万程度といわれています。なのでちょっともったいない。

 

自社のグーグルの会社情報URLが反響課金型HPやらポータルの会社情報などに書き換えられてないかチェックしておきましょう。

エンド商売は、やっぱりグーグルレビュー対策はもはや必須の時代ですよ。

 

反響課金型のHPご利用の方は、こうしたときのために別途コーポレートサイトも持っておいたほうがいいかもですね。反響とは別に名刺代わりのホームページを。ホームページなんか一つじゃなくてもいいんだから。

コーポレートサイト制作をご希望の方はぜひご連絡ください。全国対応いたします。

  
| - | 04:05 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2639

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る