不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< リアルもネットもしっかりやらないとグーグルを通じて低評価を食らう時代ですよ。 | main | 地方、とくにその末端の急激なる衰退を目の当たりにして >>

集客アップを狙うなら成約率アップも狙わないと、なハナシ。

Category:- Date:2018.11.27 Tuesday

ご相談事のほとんどは「集客」に関してです。

 

他業界ならば集客は売り上げに直結しやすいし、やり方次第ってところもあるんだけど、不動産業界の場合は集客は売り上げに直結しないので、集客増と同時に成約率の向上も考えないと、最終目的である「売上アップ」にはつながらないんですけど、昔からみんな「集客欲しいジャンキー」です。

 

いくら集客したって、小汚いお店には客は来ませんし、横柄な態度や買わせようオーラが出ている営業マンからは買いません。

 

なので、ホームページ変えて集客反響アップの前に、お店キレイにしましょうや、営業対応なんとかしましょうや、って言いますがそれをまじめに受け入れてくれる人や会社はごく限られています。

集客さえ増えればなんとかなる、儲かる、と盲目的に思っている人が多すぎ。

消費者がネットで比較検討し、検索にもお店のレビューが付くような今の時代、昔のようにはいかないから。

 

集客はあるのに潰れてしまった会社なんて実はいくらもあります。むかしからイケイケ会社は集客命なので、それこそかなりお金を広告に突っ込んで集客します。それでも倒産しちゃうんです。

なんでかっていうと、いくら客を集めてもキメれないから。そして強引な営業しちゃうとリピートも紹介もないから、常に集客という狩りを続けなくてはいけない。そのうち走ることができなくなった肉食動物は疲れ果て力尽きちゃうんです。賃貸だけどこんなかいしゃとか?社員も経営者も疲れ果て、人の心を失い、目先のカネ目指して疲れ果ててしにます。

 

講演とかコンサルとかでよく言うんですけど、集客が半分でも成約率が高ければ結果は同じなんです。

(1) 集客100人 × 成約率10% = 10人成約

(2) 集客50人 × 成約率20% = 10人成約

この場合、(1)のほうは相手する人数が多い分疲れますし、顧客満足も低いでしょう。

むしろ(2)の集客が少なくじっくり顧客と向き合うほうが顧客満足も高く紹介リピートも増えることが考えられます。なによりお客さんが喜んでくれると仕事をしていて気持ちがいいと思います。

 

なので、集客を追いかけるのもいいけど、同じだけ成約率を上げること考えないとだめですよ、と。

お店キレイにしましょうよ、テント・看板・壁面にぶら下げた図面・花壇・机や椅子・客に出す飲み物や茶菓子、そしてお客さんに渡す資料など。営業対応全般の見直しも必須化と思います。

 

とくに、このブログでも散々申し上げている通り、グーグルレビューでお店が評価書かれてしまう現代ですからね。

不動産業者さんに訪問すると、みんなパソコン勝ったままの状態でIE使って検索はbing使ってるんでグーグルレビューでないからいまいちピンと来てないみたいだけど、一般的にはグーグルの天下なネットの現状です。ネット好きな不動産屋さん多いですけど、基本的なズレみたいなものを感じますんで、誰か派遣するかんじの基本的なネット集客のためのライトなコンサルやろうかなっておもったりもします。みんな知らないうちにウェブ屋とかに搾取されてるからね。いい加減な業者も多いけど、きちんと仕事してて、ちゃんとやればもっと良くなる会社たくさんあるからね。

 

ま、売買の方は弊社ローン講座くんを使って成約率アップのための営業強化を狙ってください。どうぞよろしくお願いいたします。

 

集客の相談がいくつかありましたので、そんなことを思いました。

今年も早くも残り一か月、来年の木たるべき消費税増税不景気に備えて、いまから頑張っていきましょう。

  
| - | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2643

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る