不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< ブラウザのこととか | main | 簡単!HDD(ハードディスク)やSSDを換装(入れ替え)する方法。ソフト使いません。 >>

反響も成約も売り上げアップは「物件力 × 対応力 × 情報発信力」が大事、ってはなし。

Category:不動産業 集客と成約 Date:2018.12.18 Tuesday

不動産会さんから「ホームページから反響が激減してこまってるなんとかしてほしい」との依頼を受けました。2件。

現在、ホームページ制作とそれに付随してコンサルを企画しています。

今年はね、年初から危機の連続で全く仕事をしていないので、来年は頑張らねばなりません。

 

さて、セミナーやらでいつも言うんですが、ホームページ集客ってか、不動産業の営業って基本的には以下の3つの掛け算しかないです。

 

「物件力 × 対応力 × 情報発信力」

 

まぁ、良い物件、営業力、広告宣伝と言い換えるとわかりやすいかもしれません。

良い物件や強い営業力やふんだんな広告宣伝があれば、そりゃ売り上げは上がるでしょう。

ただ、大手であってもそんなことはないし、みんな集客にも成約にも苦労しているのが現状でしょう。

 

ホームページ集客

 

今回のご相談では、上記図を基に、どうやったら他社とは違う魅力を出して良い成果を出すかに注力します。

 

営業相談など受けると、昔から客が来ても良い物件がないから苦労するとかみんな言うんですが、そもそも良い物件は出たら業者やら投資家が素早く買ってしまうので、エンドに紹介したりホームページに掲載できる物件などの多くは売れ残り物件でしかありません。

 

ただそんな物件(市場にすぐ消化されない物件)でも、見方を変えれば、あるいは人によっては良い物件に様変わりします。営業プロセスの中で顧客のニーズをきちんと整理し提案してあげる、そうして人によっては良い物件になるからこそ、世の中では毎日多くの成約が生まれているんだと思います。

 

エンドのお客さんはホントの自分のニーズがわかってなかったりする、自分が欲しいと思ってたものが本当に必要なものと実はちがうものかもしれない、そういうことって営業の現場では昔からよくあったことだと思います。顧客のそんな自己矛盾を解消していきともにベストな解決策を模索していくのが本当の意味でのあるべき営業活動だと思いますが、そのためには、「営業マン」と「消費者」という関係からもう一歩踏み込んで、お互いが信頼できるパートナーとなる必要があります。

 

ただ、そこがむつかしいし、プロセスに時間もかかる。

だから昔はみんなやりたがらなかった。そんなことしなくても売れる時代ならそんなまどろこしいことやるよりもガンガン押し付けて売るほうが数こなせて売上あがるし、そこで営業マンが疲弊しようが辞めようが次から次へ人を採用して経営が転がせたから。

 

ただ、いまはもうそういう時代ではないし、押しの強い営業はグーグルレビューとか書かれて経営ダメージ喰らうし、それは今後ドンドンそうなっていく。だから、いまこそ「まっとうにやるが生きる時代」なんだと思います。お客さんに寄り添った営業ができる業者さんにはチャンスの時代だと思います。

 

ぶっちゃけ、営業場面でいえば、大手よりも地場の不動産会社、とくに社長一人とかでやってるところのほうが面倒見がよくスキルもありますし。ネットで評価が表面化する現代ではやっぱり小さな不動産会社こそチャンスの時代だと思います。

しかしながら、そのすばらしい営業力も、情報発信力が未熟なためにイマイチ集客に苦戦したり、集客後の追客シーンで大手やごり押し業者に負けたりと、ちょっともったいない場面をよく見かけます。

 

なので、そこんとこをもうちょっと工夫して、うまく成果につなげられればって思います。

 

「物件力 × 対応力 × 情報発信力」

 

サイトキレイに作って物件並べただけじゃ集客も成約もないし、いくらSEOでいい順位とったって、選ばれて問い合わせして反響にならなきゃ意味ないし、反響になっても制約しなきゃ売り上げにならないからね。

 

お困りの方は是非ご相談ください。全国対応します(旅費交通費頂きますけど)。

 

今年も残りわずか、がんばっていきましょう。

 

  
| 不動産業 集客と成約 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2646

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る