不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 2019年 謹賀新年 明けましておめでとうございます。 | main | 不動産屋さんはブログネタに迷ったら時事ネタを書くべし >>

不動産会社さんのホームページ制作をいくつかいただいて夜な夜なイロイロやっています。

Category:- Date:2019.01.13 Sunday

今年は頑張っていこうかなぁと思いながらもう一月も半ば。

なんかイマイチシャキッとしない今日この頃です。

 

不動産会社さんのホームページ制作をいくつかいただいて夜な夜なイロイロやっています。

どうしたら成果につなげられるかを考えつつ、周辺状況、これからの不動産業界の景気なども考え、どうしたらよいサイトになるか、アクセス解析なども踏まえて考えています。

 

どの会社も反響が減って困っているでしょう?

まだまだ「物件情報」押ししている不動産会社さんがほとんどですが、インターネットの情報過多のこの時代、もう不動産屋だけが物件情報を握ってる時代ではなくなりました。

 

結論から言うと、ぶっちゃけなハナシ「経営の核となるもの」がしっかりしてないと、もうホームページだけで効果がどうこうの話じゃないんですね。たとえば、どこにでもある商品をふつうに並べてかっこいいホームページ作ったとて反響もないし売り上げもたたないでしょう?騙して詐欺的に売ることはできるかもしれないけど、それじゃぁ長くは商売は続かない。

 

僕らが顧客とする不動産屋さんの多くは少人数で経営している町の不動産屋さんなので、基本的には顧客や地域と仲良くして長く商売するのが前提。そのためには詐欺的に売るような仕掛けはNG。きちんと真っ当に正攻法でやる必要がある。

 

でも、きちんと真っ当に正攻法でやっただけでは大手には勝てない。大手は真っ当で正攻法なイメージだから。

なので、きちんと真っ当に正攻法でやりつつも、大手とは違う「地場業者:小さな町の不動産屋」の魅力を存分に打ち出していかねばならない。

 

そのための差別化を何にするかは、地域により、個々の不動産屋さんによって全く違うと思います。

 

よく不動産屋さんに御社の魅力は何ですか?と聞くと、「よそはいい加減、うちはちゃんとやる」という答えが返ってきます。ほとんどが。でも「ちゃんとやる」っていうのはそもそも商売としてあたりまえの前提なんで、魅力や他業者との差別化にはなりえません。「他業者に比べて、ウチはちゃんとやる」ならどうちゃんとやるのか、他の業者はどうで自分はどうなのだ、というところをきちんと形として打ち出して行かねばなりません。

 

そんなこんなを考えつつ、いままでのコンテンツのアクセス状況などなども見ながら、サイトを作っていくのです。んでもって「地域で選ばれる業者」を目指す、というのがホームページ制作の目標です。

 

そのためには、ホームページだけではなくて、営業姿勢やお店の内外装(お客さんをもてなす姿勢)や会社経営を取りまくすべてをバランスよく整えていくことが必要だと思います。

 

▼こんな感じで昔から同じようなこと言ってますが

http://toriumi.jugem.cc/?eid=2497

http://toriumi.jugem.cc/?eid=2348

http://toriumi.jugem.cc/?eid=2568

 

今までのように「物件情報」だけで客が釣れる時代は終わりました。いい加減気付くべきだと思いますが、やっぱり最終的というか顧客の目的は物件情報なんでいまだに「物件情報の量」を追いかける業者さんが多いのが事実です。

ただ、物件情報だけだとポータルや大手に流れていくのがネット時代の宿命です。物件情報ももちろん大事ですが、物件情報は抑えつつ、それ以外のところで顧客の心をガッチリと掴む必要があるんじゃないかなぁとアクセス解析なんかを見ながら思ったりしています。

 

不動産業者は数が微増しています。不動産価格が上昇し続けてきたのと、宅建免許を取る他業者が増えたから。

ただ、同時に相変わらず既存業者の解廃業率は高く、大手の寡占も進んでいます。

減る人口や過疎る地方、怪しい世界経済にオリンピック後などなどを考えると、不動産業も安穏としてられる状況ではありません。

 

徐々にでも今までのやり方から方向を転換していき、他社にはないオンリーワンの状況を作っていくことが地場不動産業には必要なのではないでしょうか。

 

ことしもあと11か月少々。がんばっていきましょう。

  
| - | 04:10 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2653

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る