不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 福祉・介護職場の求人について考える。 | main | 古いパソコンを早くする方法、をシェア >>

不動産営業が弱ってる?!

Category:不動産業 集客と成約 Date:2019.11.29 Friday

僕はいま、関東と関西を行き来していますが、関西にいることが多いです。

(関西の不動産会社社長さん飲みにつれて行ってください。)

 

で、現在、関西(京都)方面で親族の家探しを行っているんです。

 

ポータルサイトを定期的に見たり、家に入ってくるポスティングチラシを見たり、はたまた不動産屋さんの店頭を見てみたり、一般のエンドのお客さんと同じ探し方をしています。

そうして「いいな」と思った物件にポータル経由で問い合わせをしたり、直接メールや電話をしてみたりしています。

 

いままでに、いくつもの問い合わせをし、いくつかの物件案内もしてもらいました。

 

で、結論から言うと、どれも営業がダメダメでした。

 

ダメダメというのは、人が悪いとか、そういうのではありません。

よくある、強引な営業とかそんなもんでもないです。

 

むしろ「営業しなさすぎ」なところがダメダメだと思いました。

こちらからアプローチしているのにもかかわらず、だれも積極的に営業してきません。

 

仲介営業でいちばんもったいない「現地待ち合わせ・現地解散」ばかりだし、追客もまったくしてこない。

他に物件があったら連絡くださいね、といつも伝えるのですが、ほぼなしのつぶて。一回案内したらもう終わりです。関係終わり。お礼のメールもしてこない。追客もしてこない。おわり。

 

ポータルからの反響ならお金かかってるのに、不思議だね。

 

「現地待ち合わせ・現地解散」の「物件みせるだけ」なら、そんなの営業じゃなくて、たんなる案内ボーイでしょうに。

案内中もこちらのニーズ探るとか、そんな会話もほぼない、みんな見せるだけ。物件見せるだけ。どうぞ勝手に見てください。なんらアピールもない。これで売れるのか。たぶん売れないだろう。

これが時代の流れ、今の時代のベストな案内方法だというなら、ちょっと違うと思うなぁー。

 

僕のような古いタイプからすると、不動産営業はある程度押しがないとだめだと思うんだけど、どうなんでしょ?

 

俺が不動産会社だったら追客しまくるわ。だって他がやらないんだからめちゃくちゃチャンスだわ。「物件がない」ならないで、「今週はありません」というのも一つの情報だし、メールや電話をして接触を図ることも成約率向上につながるだろうしね。

顧客をしっかりつなぎとめておいて「あなたから買いたい」といってもらえるように、しっかりやってる姿を覚えてもらう。他社が淡白な営業しかしないなら、それはすごい差別化になると思うんだけどな。

 

今の時代、強引なことするとレビューとかかかれちゃってマイナスだけど、熱心な営業と強引な営業は紙一重なとこにあるわけで、良心をもって信念をもって顧客に対峙していけば、それはいいほうに転がるんだと思う。人間づきあいだからね。日本人には以心伝心ってテレパシーあるし、人間同士しっかり向き合えば、小手先のテクニックなんかよりはるかによい営業力になると思うんだけど。


とりあえず、おどろくほど営業されなかったんで書いてみました。

関西の不動産営業の方々、しっかり接客したり追客やると、それだけで差別化になりそうですよ。

 

 

  
| 不動産業 集客と成約 | 02:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL:
http://toriumi.jugem.cc/trackback/2668

トラックバック

| | |

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る