不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< コロナと景気と不動産業界 | main | 復活の日、感染列島、コロナ >>

コロナショックでたまらん。どうなる不動産業界

Category:- Date:2020.04.12 Sunday

これ、歴史に残るでしょ?コロナショック。

 

全業種がたいへんですが、当社のメインクライアントである不動産業界(僕の周り)はわりかしどうにかなってるぽい。

 

エンド向け不動産売買では売りは平常運転、買いはもちろん新規は来ない。

賃貸業では客付けは繁忙期はおおむね従来通り(そりゃそうだ入社・入学・卒業は状況がどうであろうと動かずにはおられないし)。管理業者さんは入居者やテナントの滞納苦慮の真っ最中、といったところでしょうか。

うちのお客さん(不動産会社)では、余裕ある投資家が動いている、ギリギリ投資家は真っ青、と聞きました。

 

以上、とりあえず僕の見える範囲からの不動産業界状況。

 

知り合いの飲食店や、エンド相手のリアル対面商売はみんな危機的。

僕は今京都にいる割合が多いですが、京都や大阪は繁華街ほぼ人いないです。町のど真ん中の繁華街はいませんが、町々にある商店街はいつもと同じ顔ぶれです。

 

大手カフェチェーンは昼間は老人ホーム化していますが、それもいつも通り。

先日はホットドッグがうまいあのカフェのオープンデッキで一息ついていたら、向こうのテーブルの老人が「若い者が夜で歩いてけしからん」とかつば飛ばしながら激高してるコントのようなシーンを見かけました。うちの義父は「でも昼は大丈夫やろ、お酒も入ってないし」などとわけのわからないことを言う始末。

娘を公園につ入れていこうとしても、公園は休校小学生で人気スポット化してるし、そんなコロナ対策意味不明の日常です。

 

特効薬ができない限り感染者は何したって増え続ける。だって、一人でも残ってたらそこからまた広がるわけだし、一生懸命自粛してもウイルスは絶滅はしないわけなので、もうインフルエンザなどと同様、人類はしばらくこのウイルスと共生していくしかないと思われます。

いつまでも自粛はできないですし。

 

本当に困ったものです。

 

これからどうなっていくんでしょう。

 

どちらにしても、顧客が減少してく不動産業では、情報発信に力を入れて、少しでも集客力と成約力を磨いていくしかないのではないでしょうか。危機なので、従来のマーケティングテクニックとか経営テクニックは通用しないと思います。少ない顧客にきちんとアプローチし、信頼を獲得し、きちんと自社で契約してもらう、など。

従来業務をしない分、ネットに力を入れていきたいですね。

 

大変な時ですが、あまりネガティブにならずもがいていきましょう。

個人の力じゃもうどうしようもねーべ。

 

 

 

  
| - | 22:08 | comments(0) | - |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

【登録無料!】
「不動産屋さんのためにブログネタを提供するメルマガ」
→→ご登録は無料です。

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る