不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

<< 【基本】伝わりやすいブログ文章の書き方 | main | 【不動産屋さん必読!】まんが「正直不動産」が期間限定で無料で読める! >>

住宅ローン破綻急増、不動産屋さんは情報発信すべし

Category:- Date:2020.08.25 Tuesday

コロナで世界中で経済がやばいことになっています。

先日、我が国でもGDPが戦後最悪を記録したことが話題になりました。

全産業がコロナの影響を受け、底から脱することができていません。

抜本的な解決はワクチンが開発されるまでは無理でしょう。

 

さて、不動産業界においても、極度な二極化が起こっています。

多くの業者さんがコロナで厳しい中、私の周りの不動産会社さんでは好調な方が多めです。

忙しくて休みが取れず過労死しそうな方もいます。うらやま。

やはり、まめに情報発信し、顧客との関係を大事にし、真正直に商売している人は強いなと思います。

 

さて、そんな現状ですが、企業が苦しければそこで働く個人も苦しくなり、コロナの影響で住宅ローン破綻が急増しているようです。

コロナ禍で住宅ローンが払えない…相談件数は77倍。10世帯に1世帯が家を失う

https://news.livedoor.com/article/detail/18786427/

 

77倍ってすごいですね、、、、。

 

都心など、アップアップで買う人が多いでしょう。地域限定で不動産を探す人はわりと価格に余裕がある人が多いですが、新築マンションや地域を限定しない方などは、借入限度額いっぱいで買うことが多いです。業者もそういう風に持っていきます。それは値段が上がれば手数料が増えるとかいうことではなくて、高い物件のほうがいい物件なことが多く顧客の感度(買う気)が出るからです。

 

いっぱいいっぱいで買ったら大変なことはだれもが分かることでしょうが、顧客も買うときはそんなこと気にしないというか節約すればいけるとか希望的観測でハンコ押しちゃうものです。家でも車でもそう。目の前の欲しいものの誘惑に負けちゃうわけです。

 

そしてコロナです。

 

いっぱいいっぱいで買った人はもちろん余裕がないでしょう。給料が高い人ほど落ち幅も大きいと思うので、属性のいいエンド客ほど大変なんじゃなかろうかと思ったり。某企業が経営危機の時、その城下町の不動産屋さんは売却が多数出てウハウハでした。

 

何もしならない個人は突然破綻になることが多いです。

 

それを助けるためにも、不動産屋さんは「任意売却」「債務整理」について情報発信するべきです。また金融機関に相談してローン期間の延長ならびに月々の支払いの減額ができることなどを情報発信してあげるべきです。

できることなら今まで家を売ったお客さんに対しても手紙などで伝えてあげると親切でしょう。

 

商売的なことを言いますと、それで「売り」が取れる可能性が出てきます。売主を任売で助けて自分も儲かる、お互いWin-Winなビジネスです。コロナ下で物件もなかなか売れず大変かもしれませんが。

 

ということで、住宅ローンについて情報発信をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

通常の不動産営業における住宅ローンの説明ツールにはぜひ当社のサービスをご活用ください。

 

  
| - | 23:17 | comments(0) | - |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

コメント

コメントする







最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

【登録無料!】
「不動産屋さんのためにブログネタを提供するメルマガ」
→→ご登録は無料です。

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る