不動産ネット営業・集客・成約によく効くブログを目指します。

インターネットの時代の右・左

Category:- Date:2020.10.06 Tuesday

日本学術会議の任命拒否が話題です。

 

テレビなんかを見たら、いつもどおり批判論調ですが、最近のテレビは政府批判オンリーではなく、異論も出てくるか面白くなっています。

 

先日、娘を保育園に送って『グッとラック!』見てたら、途中で司会の立川志らくさんが中国の「千人委員会」はどうなってるんだって、学者の方に切り込んでてびっくりしました。TBSなのに、ねぇ。

 

ネットではすでに日本学術会議の中国べったりは広く知られていることですが、テレビでは右寄りなことは一切言わないお約束的な空気があるので、まさかそういうことを言える時代になたのかとびっくりしました。

これ映画?「日本学術会議」が「中国科学技術協会と覚書」「元議長は日本共産党の選挙カーで応援」│上念司チャンネル ニュースの虎側

https://www.youtube.com/watch?v=hbtkqoo3e-8

日本学術会議、中国の軍事研究「千人計画」に積極的に協力していた事が判明

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/2003511.html


いままではテレビ新聞が基本的に反権力・反自民路線で、それ以外に情報を得る手段を持たない我々国民は盲目的でしたが、ネットが誕生し、あらゆる意見に触れるようになって、かならずしも大手メディアが報じることが真実ではないことが明らかになりました。

 

数年前まではメディアも一生懸命、ネットを批判してきましたが、スマホによってみんながネットで情報を得る時代には、反ネットよりもネットに寄り添う、そして国民感情に寄り添う方向にかじを切らざるを得なくなっているように思います。

 

ただ、大東亜戦争や現在の中国・韓国を見るに、メディアがあまりにも国民に寄り添いすぎるのは危険なので、ほどほどによってほしいと思います。

 

 

先日アマゾンプライムで見た、映画「山本五十六」では、香川照之さん演じる新聞編集長が開戦に熱心で怖かった。

 

右でも左でも意見は自由にあっていいと思うが、その中心には「国民の明るい未来」が一番にあってほしいと思います。

 

 

 

  
| - | 17:07 | comments(0) | - |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

不動産チラシの営業的効果・効能

Category:- Date:2020.10.02 Friday

大手さん中心に、不動産チラシがちょくちょく入るようになってきました。

 

不動産チラシ効果

 

紙はもう効果ないって10年位前から言われてるけど、それはかつて隆盛を誇った新聞折り込みのことで、ポスティングチラシは効果があります。

 

なんの効果か、買い客:脳内SEO No.1戦略、そして売り客:物件受託率アップです。

 

単発でやっても効果はないでしょうが、いつもいつもいつもいつもいつも、入れ続けることによって、脳内に社名が刷り込まれてしまいます。「またあの会社か!」と。

 

必要ないときはウザいでしょうが、いざ不動産を買おう売ろうとなったときに、がぜんそれが生きてきます。

とくに「売ろう」と思ったときに、チラシが「いつもうざい」くらい「がんばって営業して売ってくれる」になるわけです。

 

コロナ自粛の折も、なぜか住友と福屋だけはポスティングやめてませんでした。疫病が流行ろうが天変地異が起ころうがやり続ける。それがナンバーワンの証。

 

単発でチラシ売って効果ない、ではなくて、ブランディング広告として会社があり続ける限りやり続ける、社名を売ってトータルでの費用対効果としてみる、ってのがいいんじゃないでしょうか。

全域にポスティングするのではなく、限られたエリア、たとえば営業エリアの中の重要エリアとかに入れ続けるなら、そんなに大きな費用も掛からないでしょう。

 

なにしろ入れ続けることが大事です。空き家一歩手前のおばあさんの家なんかネット見ないんだから。そろそろ老人ホームに入って家は売ろうかってときに、やっぱりいつもチラシの入ってる会社に行くでしょう。

 

なんにせよ、全国各地で勢力伸ばしてる住友不動産販売が何よりの成功事例。地域密着で商売するのであれば、ポスティングはやり続けたほうがいいですよ。

 

 

<<参考過去記事>>

 

そして大手のポスティングだけが残った

 

【不動産会社さん向け】いつか顧客のニーズが発生したときに捕まえるイメージ植え付け脳内SEO・No.1戦略について

 

  
| - | 12:47 | comments(0) | - |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

訃報に思うこと。

Category:- Date:2020.09.29 Tuesday

竹内結子さんの訃報に接して、ファンでもなんでもないのだが、悲しい。

 

元気な人が突然行く、しかも自ら命を絶つ、こんなに悲しいことはない。

しかも、一番下のお子さんはまだ8か月。母親が一番必要な時にと思うと不憫でならない。

 

 

一人のときに自殺されたのではなく、ご家族がいたときに、ということ。

 

>>「寝たと思っていた」竹内結子さん新証言 犇白の1時間瓩瞭翦縮(Yahoo!ニュース・東スポ)

 

産後鬱だっとのではなどとの憶測も出ていますが、受験生と生まれたばかりのお子さんを抱えて大変だったとは思います。

 

イクメンやってて思いますが、子育ては本当に大変です。子供がいると何もできないし、小さなうちは目を離すと命が危ういし。

小さな子は3歳になるまではよく熱も出ますし、夜泣きでろくに寝れなかったりもします。元気なように見えても内心疲れ果て弱ってるお母さんたちも少なくない。特に都会で回りに頼る人がいないお母さんたちは本当に孤独で大変でしょう。

 

そういう孤独と疲労の果てに「つい」があることも事実です。彼女の訃報に至る因果が何だったか、我々一般人が知る由もないですが。

 

何が言いたいかといいますと、みなさん、奥さんをいたわり、子育て手伝ってあげてください。ということです。

 

 

竹内さんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

  
| - | 22:59 | comments(0) | - |

>> このブログはメールで購読すると便利です(配信:FeedBurner)

メールアドレス:

<< 先の記事へ  | 2/822PAGES | 前の記事へ >>

最新の記事

ブログ記事カテゴリー

アーカイブ

その他

【登録無料!】
「不動産屋さんのためにブログネタを提供するメルマガ」
→→ご登録は無料です。

Copyright (C) toriumi@blog. All Rights Reserved.

△ いちばん上に戻る